2020年 11月 28日 (土)

「高く売って、上がる前に買い戻す」 大切なのは、マーケットに居続けること!

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   2020年2月から3月にかけて大きく下落した世界の株式は、徐々に落ち着きを取り戻しはじめているようです。世界株式の値動きを示す「MSCI ACワールド指数」は、3月23日から5月22日までの2か月間で28.1%上昇しています。

   短い期間で大きく下げた後の上昇であったことに加え、新型コロナウイルスの感染拡大が終息したとは言えない状況下での上昇であったためか、「いったん売却したほうがよいか」「再び下がった時に買い直すのはどうか」という売買のタイミングを迷うことは、よくあることではあります。

  • 「高く売って、上がる前に買い戻す」それはわかっているけれど……
    「高く売って、上がる前に買い戻す」それはわかっているけれど……
  • 「高く売って、上がる前に買い戻す」それはわかっているけれど……

売買のタイミングを計ることをオススメしない2つの理由

「高く売って、上がる前に買い戻すことができれば......」

   そう考える投資家の方は少なくないようです。しかし、次の2つの理由から、売買のタイミングを計ることは得策ではありません。

◆ 理由1「上がる前に買う」は、決して簡単なことではない

   たとえば、直近の安値となった3月23日は、さまざまな国で外出制限などの非常事態宣言が発表されたころ。多くの市場参加者がパニックになるなか、「いまだ」と投資を決断するのは容易ではなかったはずです。

◆ 理由2 大きく上昇する日を逃してしまうと、リターンに大きな影響が出る

   世界株式は、約20年でおよそ1.4倍と大きなリターンを生み出しています。下の表は、2000年~2020年において、一日当たりの上昇率が大きかった順に上位10日を抽出したものです。

   そして折れ線グラフの赤色の線は、この10回の上昇時に投資をしていなかった場合のリターンをシミュレーションしたものです。

   極端な例ですが、約20年間継続して保有した場合(青色の線)と比較し、たった10回の上昇を逃してしまっただけで、リターンに大きな差が生まれてしまうのです。

マーケットに居続けなければ、チャンスを逃す!
マーケットに居続けなければ、チャンスを逃す!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中