2020年 7月 10日 (金)

【株と為替 今週のねらい目】素直に喜べない株爆上げ? 朝鮮半島情勢と米トランプ支持率の低迷......(6月22日~26日)

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   東京株式市場の日経平均株価は2020年6月16日の大引けで前日比1051円26銭高の2万2582.21円を付け、4日ぶりの大幅反発に転じた。3月25日(1454円28銭高)以来の上げ幅で今年3番目を記録した。週末の19日からは、都道府県をまたぐ移動制限が全面解除となり、景気回復への期待感も増している。

   しかし、新型コロナウイルスの感染第2波への懸念加えて、北朝鮮と韓国の地政学リスクの高まり、米大統領選に向けたトランプ大統領の支持率低迷などへの警戒感が高まり、株式相場の頭を押さえている。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 株価2万3000円、狙えるか!?
    株価2万3000円、狙えるか!?
  • 株価2万3000円、狙えるか!?

東京株式市場 株価の下押し材料、目白押し?

日経平均株価予想レンジ:2万1800円~2万3000円

   2020年6月19日(金)終値 2万2478円79銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、上値の重い展開か。

   前週の日経平均株価は、週前半に乱高下したものの、2週間ぶりに上昇した。米国での新型コロナウイルスの感染拡大、北朝鮮と韓国の対立激化による地政学リスク、1ドル=106円台への円高進行などが嫌気されたものの、米国を中心に景気回復に対する期待感が相場を押し上げた。

   今週の日経平均株価は、上値の重い展開が予想される。2万2000円割れを試す局面もありそうだ。国内では都道府県を越えた移動制限が解除されるなど、景気回復への期待感は高まっているものの、米国での新型コロナウイルス感染拡大の第2波と見られる感染患者の増加や、1ドル=106円台への円高進行が相場の懸念材料となっている。

   朝鮮半島の地政学リスクが一段と激化するようだと、さらに株式相場の下押し材料となりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中