2020年 7月 10日 (金)

小学4年で米国株デビュー! 投資を身近なものにするためにパパがしたこと

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   お金の教育は学校ではしてくれない。だからこそ、わが家では積極的に子供にお金のこと、投資のことをわが子に伝えるようにしている。

   先立って、ひろこがこんな記事を書いた。

   参考リンク:「親子で『あつ森』 小4長男、ゲームでお金の学習をはじめる!」J-CAST会社ウオッチ2020年5月24日付

   Nintendo Switchで話題のソフト「あつまれ!どうぶつの森」がお金の勉強になる、という内容だ。なかでも、長男がハマったのが株取引ならぬ、カブ取引だ。ゲームの中でカブ価というものがあって、カブを売ったり買ったりすることでゲーム内のお金を増やすことができる。

  • スマホで株式口座を確認する小学生(写真はイメージ)
    スマホで株式口座を確認する小学生(写真はイメージ)
  • スマホで株式口座を確認する小学生(写真はイメージ)

そろそろ自分で本当の株取引やってみる?

   長男には伝えていなかったが、3年前から彼がもらったお年玉やお誕生日祝いのお金のすべてを米国株に投資している。銀行口座に貯めていても、利息なんてほぼないに等しい。お金は増えるところに置いておくものという考えのもと、彼の資産42万円を全額投資している。

   「そろそろ自分で本当の株取引やってみる?」。コロナショックのさなか、ぼくがパソコンをしているとなりで、学校の勉強をしているときに切り出してみた。

   「あつ森」のカブ取引の話になったので、じつに自然な流れだ。長男は一瞬目が点になったが、すぐに興奮ぎみに「オレのお年玉でカブ買ってるん?」って聞いてきた。

「ゲームのカブちゃうで。大人が働いてる会社、たとえばアップルとかアマゾンとかグーグルが発行してる株式のことやで。ママが銀行口座にきちんと貯めてるって今まで言ってたけど貯金してもお金って増えへんから株式にして増やすねん。ゲームのカブみたいに頻繁に売ったり買ったりしなくても、上がる株をずうっと持っておくだけでいーねん。今どうなってるか見たい?」
「見れるん??」

と、長男。

「スマホアプリでいつでも見れるよ。ちゃんと口座もパパのとは別に子供用口座作ってあるから正真正銘、自分の株式口座やで。カッコええやろ?。調子のって学校でべらべら喋ったらあかんで」

   長男のお年玉を運用しているのは、日本初のスマホ証券「ワンタップバイ」だ。1000円から日本株や米国株が買える。メジャーな株を厳選してくれているから、銘柄選びがしやすいのも特徴だ。 そのときのスマホアプリの画面がコレ↓(下図1

長男はワンタップバイ口座でガッチリ!
長男はワンタップバイ口座でガッチリ!

   累計投資額が42万円で、評価額は46万8800円になっていた。ゲームで慣れているので持っている株が一時的に利益を出している状態、含み益が出ていることも理解できた。

あっきん
あっきん(@_akkin_nara
投資家、ブロガー(元公務員)
23歳から、外国為替証拠金(FX)取引をはじめる。トレーダー歴は13年。2016年3月末、子育てと仕事を両立するために11年勤めた某県庁を早期退 職。その後、資産運用ブログ「akilog」をスタート。運用方法をすべてブログで公開する、「リアル」なトレードが評判を呼んでいる。
FX自動売買「トラリピ」(マネースクエア)と、仮想通貨がメイン。
奈良在住。金沢出身、36歳。
資産運用ブログ「akilog」https://akilog.jp/
kaisha_20190717144836.png
ひろこ(@hiroko_akilog
投資家、ブロガー、FP(元銀行員)
あっきん嫁。2児の母。銀行で投信の販売営業を14年続け、2018年3月末、早期退職。リーマンショックでの投資経験を活かした『長く投資を続ける秘 訣』をブログやSNSで発信中。女性の「そうそう!」「あるある!」を盛り込み、わかりやすく解説する。自分の感性を頼りに生きるタイプ。
投信、株価指数、FX、仮想通貨など幅広く運用中。テクニカル分析を楽しく勉強中。
奈良在住。奈良出身、アラフォー。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中