2020年 12月 6日 (日)

【馬医金満のマネー通信】コロナ禍で変わる? 日本が輸出しなければいけないモノはコレだ!

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   今回のテーマは、直近の日本の輸出額です。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、出入国の禁止や、外出自粛や人の移動の制限などの措置によって、経済活動や生活への混乱が生じています。そのため、貿易も世界的に減速しているのです。

   こうした状況のなか、日本の輸出額も大幅に減少しています。

  • 日本が新たに輸出できるモノは?
    日本が新たに輸出できるモノは?
  • 日本が新たに輸出できるモノは?

輸出が減れば、輸入も減る

   財務省が発表した2020年5月の貿易統計は、輸出額が4兆1848億円、輸入額が5兆182億円、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は8334億円の赤字でした。

   3月の輸出額は6兆3581億円、4月は5兆2060億円だったので、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに急激に輸出が減少していることがわかります。

   また、日本のように加工貿易を行っている国の場合、輸出が減れば、輸入も減少することが多いといわれています。というのも、製品の輸出が減ると、メーカーは原材料や部品の調達を控えるので、その分だけ輸入も減少するからです。

   しかし、日本は製品を製造する目的だけで輸入を行っているわけではありません。生活必需品を中心に、低コストの消費財も輸入しています。

   その具体的な例のひとつに、マスクがあります。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中