2020年 8月 14日 (金)

【コロナに勝つ! ニッポンの会社】無観客試合へのリモート声援がピッチに届いた

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   新型コロナウイルスの影響で開幕直後の2020年2月下旬から中断していたサッカーJ1リーグが7月4日に再開、各地で熱戦が展開された。だが行われた9試合はいずれも無観客での開催。サポーターは「場外」からの声援となったが、まるでナマ観戦のように最新テクノロジーでスタジアムに届くようになった。

   スポーツの新たな楽しみ方を創造しようと2年前に設立されたスポヲタ株式会社は、リモート応援用サービスとして開発した「Sporta Cheer(スポヲタチア)」を、13年ぶりにJ1復帰を果たした横浜FCに提供、再開戦のコンサドーレ札幌との試合(ニッパツ球技場)で導入した。DAZNの中継に合わせ、自宅などからの声援や拍手がスタジアムに届けられたのだ。

  • リモート声援をスタジアムに届ける(写真はイメージ)
    リモート声援をスタジアムに届ける(写真はイメージ)
  • リモート声援をスタジアムに届ける(写真はイメージ)

自宅からの声援や拍手がスタジアムで聞ける!

   「Sporta Cheer」は、カナダ・トロントの技術開発会社、ChampTrax Technologiesによる最先端の音声アルゴリズムをもとに開発された。自宅などスタジアム外で応援するサポーターが、スマートフォンやタブレット、パソコンを通じて利用できるサービス。利用中のサポーターの声援や拍手などが「Sporta Cheer」を通して音量や音質が最適化され、スタジアムに設営された音響システムに、タイムラグがほぼない状態で流される。無観客試合でもサポーターの声が選手に届き、サポーターは自宅にいながらスタジアムにいるような臨場感を楽しめる。

   スポヲタ社によると、ChampTrax社の音声アルゴリズムを用いた声援サービスは、米国ではボクシングの試合やNFLのドラフト中継で導入実績があり、新型コロナの影響で無観客開催されているスポーツイベントで利用されている。間もなく開幕する米大リーグでも導入が予定されているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中