2020年 8月 12日 (水)

【襲来!新型コロナウイルス】コロナ禍でピンチの3業界 「チーム力」で乗り越えた会社ランキング

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   経済活動が再開したとはいえ、まだ新型コロナウイルスの悪影響から立ち直るのに苦戦している業界が少なくない。特に被害が大きかったのが、「飲食」「旅行・レジャー」「小売り」業界の3つだ。

   この3つの業界の企業は、どうやって苦境を乗り切ってきたか――。就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「Open Work」を運営するオープンワークが2020年6月24日、「コロナ影響業界の『チーム力』企業ランキング」を発表した。それぞれの業界で評価が高いベスト3の会社はどんな強みを持っているのか、社員の口コミ情報から探った。

  • 旅行業界に活気が戻るのはいつ?(写真はイメージ)
    旅行業界に活気が戻るのはいつ?(写真はイメージ)
  • 旅行業界に活気が戻るのはいつ?(写真はイメージ)

飲食1位はスタバ、2位は物語コーポ、3位は丸亀製麺

   「Open Work」は、主に社会人の会員ユーザーが自分の勤務している企業の口コミ情報を投稿するサイトだ。会員数は約370万人(2020年6月時点)という。今回は2020年1月~6月までに投稿された口コミ情報のうち、上記3つの業界の会社評価レポートを選び、評価の高いものをそれぞれ上位3位までランキングした。回答者数が5人以上あった企業が対象で、上位にランクされた計9社には1社ごとに169~1486件の回答が寄せられた。

   その結果、「飲食業界」の1位は外資系コーヒー店チェーンのスターバックスコーヒージャパン、2位は焼肉きんぐ・丸源ラーメン・お好み焼本舗・焼肉一番カルビ・源氏総本店などの飲食店を全国に展開する物語コーポレーション、3位は讃岐釜揚げうどん店などを全国のショッピングモールのフードコートで展開する丸亀製麺になった=図表1参照

(図表1)飲食業のベスト3(オープンワーク作成)
(図表1)飲食業のベスト3(オープンワーク作成)

   これら3社の「チーム力」はどんなところに表れているのか。口コミ情報でみると――。多くの飲食チェーン店では接客方法などのマニュアルがあるなか、スターバックスではサービスマニュアルがなく、従業員ひとり一人の自主性が求められることがクチコミからうかがえる。

●スターバックス
「企業理念を社員だけでなく、店舗ごとのアルバイトにもしっかりと理解し実践できるレベルにまで落とし込んでいる。そのことが、サービスマニュアルがなくても自発的に店舗運営を行っていけるところ、ひいてはブランド力を高める部分に大きく結びついていると思う。また失敗を恐れずに取り組む姿勢や、周りの人が成長することに対して賞賛する文化があり、成長志向が高い人が多い」(店舗営業、女性)

●物語コーポレーション
「自分で考えて行動する。責任もあるかもしれないですが、トップダウンで言われたことだけをやる作業的な仕事ではないので、考えたり、新しいことにチャレンジしたりすることがしやすい。時にはミスや失敗もしますが、それを責めたり怒ったりせずに、同じことを繰り返さないために上司が一緒に考えてくれます。成功した時の喜びはかなり大きいです」(店長、女性)

●丸亀製麺
「チャレンジ精神がある会社です。やる気と、コミュニケーション能力のある人は、上に登れる会社だと感じています。しかしながら、男性中心の会社ではあるので、女性の社員はまだまだ少なめ。女性店長は多いですが、マネージャーやチーフマネージャーになれている人は、まだいないです。その点に関しては、まだ成長過程と言えます」(店長、女性)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中