2020年 8月 11日 (火)

わかっていたのに... 豪ドルで躓く明大 英ポンドで大勝の慶大と早大の挑戦!専修大もプラス(1)【FX大学対抗戦 第12週】

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   英ポンド円で取引した慶応義塾大学のテクニカル分析が冴えわたり、1000円超の利益をたたき出して大勝した。今週(2020年7月6日週)に自身に課した500円の利益目標に届かなかった専修大学に「大接近」した。

   早稲田大学も新たに試した「投機筋」取引でプラスを確保。一方、明治大学はオーストラリア中央銀行の政策金利の発表に合わせて豪ドル円を取引してみたが、失敗。「自ら設けたルールを遵守できなかったことが失敗の原因」と猛省する。

  • 慶応大が大勝! 専修大に接近!!
    慶応大が大勝! 専修大に接近!!
  • 慶応大が大勝! 専修大に接近!!

新たに「投機筋取引」を試してみた(早稲田大学)

   前週、ドル円が1ドル=106.5円ほどまで下がると予想したが、実際106.65円ほどまで下がった。ピッタリではないが、これは予想的中と言えるだろう。

   その根拠を、しっかり記述していなかったので、今回はそこをメインに述べていく。

   つい最近、FXを勉強している中で投機筋を使った手法があることを知った。投機筋とは輸出入に関わっておらず、FXなどの為替差益で取引する人のことで、大口と小口が存在する。 なぜ投機筋にたどり着いたかというと、よく自分の予想と相場が逆行してしまうことに疑問を持ち、相場を誰かに操られているのではないだろうかと思って調べたからである。

   ちなみに、輸出入で受け取った購入代金などを両替する人たちのこと、つまり輸出入に関わりながら通貨を取引している人たちは「実需筋」というらしい。

   投機筋の取引で注視すべきは、ネットポジションである。ネットポジションは文字どおり「買いポジション数-売りポジション」のことだが、これらを見て投機筋が買い売りどちらをしているかを見極めるのである。そして、そのポジションの絶対量の膨らみ具合を見て、相場の移り変わりを予想するのが、今回自分の勉強している投機筋取引の概要である。

   画像がシカゴIMM通貨先物ポジションの推移を表したである。このチャートを見れば、前述の事項がわかりやすいと思う。

そして、前週なぜドル円の下落を予想したかを述べる。チャートを見ると、円のロングで捕まっていることがわかる。円ロングということは、ドル円の値下がりが利益になるということ。しかし、チャートを見てほしい。
kaisha_20200715170551.jpg

   で囲った部分が前々週、前週の火曜日の相場だが、投機筋チャートを見ると左側の赤丸の時点で円を買い越しているのに、ドル円は上昇してしまっている。これは投機筋が含み損を抱えてしまったことを示す。

   だが、投機筋がこのまま食い下がるわけはないので、ドル円としては売り目線を提示したのである。そして結果はそのとおりになり、彼らの含み損が解消されてきたと思うので、ここらへんでまたトレンド転換が起きるのではないかと予想している。

   今回はこの手法で取引したのが、初めてでまったく自信がなかったので、超弱気の100通貨で取引をした。結果、利益は92円であった。

   これから、この手法もちょくちょく取り入れていこうと思っているので、慣れたらもっと多額で取引してみたい。引き続き、来週もとりあえず投機筋チャートでの予想をもとに、取引するつもりだ。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
シカゴIMMポジションは中長期的な需給分析の参考になります。現在のようなレンジ相場では、基本的に逆張りを行う投機家が多くなるため、セオリーの取引を行ったのではないでしょうか。
注意しなければならないのは、毎週火曜日の取引終了後の建て玉枚数が当該週の土曜日に公開と、時間差があることです。また大口のヘッジファンドなどは、自身の手口が公開されることを避けるために、シカゴIMM通貨先物を利用しないともいわれており、必ずしも投機筋の動向が全て反映されるとは限りません。
国内FX業者の一部では、1時間おきに顧客のポジション比率やオーダー情報を公開しているため、デイトレードであれば、それらの情報を利用してみてはいかがでしょうか。

前週からの損益     プラス92円
7月10日現在      1万1271円

プロフィール
早稲田大学 塩野勇輝(しおの・ゆうき)
商学部2年。早稲田大学 株式投資クラブfoward所属。
趣味のバンドではドラム担当。韓国ドラマの鑑賞は小学生時代からの趣味で、現在は字幕や吹替なしで毎日観ています。ルービックキューブをはじめとするさまざまなパズルゲームも好き。将来の夢は、webマーケティング会社の経営者。リアルマネーでの取引は初めてですが、「慎重さを兼ね備えた大胆さ」をモットーに取引したいと思っています。また、自分の金融リテラシーも高められたらな、と思っています。
目標到達金額は利率100%の2万円。どうぞよろしくお願いします。
東京都出身。
明治大学 池田慶吾(いけだ・けいご)
文学部2年。
明治大学Breakouts!代表。大学投資連合USIC副代表。
ファンダメンタルズ分析を中心に取引していきたいと思います!
@Bimoku_shurei(本人Twitter)
@Break_Outs(サークルTwitter)
慶應義塾大学 ビリオネア
商学部2年。FX取引は歴1年ぐらいの初心者。かなりの飽き性だが無理せずコツコツと腕を磨いていきたい。専ら最近は、ファンダメンタル分析より値幅を使ったテクニカル分析を勉強中。
専修大学 不思議ちゃん
専修大学投資研究会TAMAGOに所属。投資経験は1年ほどですが、毎日アルバイトをしているため、あまり経験がなく、今回のFX大学対抗戦を機会に、もっと実践を積みたいと思います。将来はサンエックス株式会社の経理部に入社したいと願っています。好きなキャラクターはすみっコぐらし
お手柔らかにお願いします。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中