2020年 8月 8日 (土)

【コロナに勝つ! ニッポンの会社】USENが飲食店の新スタイルを提案 メニューをスマホに表示し注文

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   新型コロナウイルスの感染拡大の影響で客足が遠のいた飲食店は少なくない。それらの店では緊急事態宣言が解かれ、コロナとの共生が始まったことで、来店客を呼び戻そうと懸命だ。

   大切なことは、しっかりと対策に努めること。それを来店客に訴求すること。音楽配信をはじめ店舗向けサービス事業を展開するUSEN-NEXT GROUPのUSEN(東京都品川区)は、店内の「非接触」をテーマに、来店客がスマートフォンでメニューを見られるようにする仕組みを開発。飲食店に、コロナ禍の新しい営業スタイルを提案している。

  • 来店客がスマホから注文できるようにして、低コストで店内の非接触化を実現
    来店客がスマホから注文できるようにして、低コストで店内の非接触化を実現
  • 来店客がスマホから注文できるようにして、低コストで店内の非接触化を実現

テーブル設置のQRコード読み込み

   「ウィズ・コロナ」の中で求められているのは、「3密」回避のソーシャルディスタンスや飛沫対策。それに、非接触だ。飲食店ではイスやテーブルの配置を変えたり、透明のビニールカーテンやパーティションを設置したりするなどで「3密」回避や飛沫対策に努めている。

   しかし非接触となると、店の努力だけでは、なかなかうまくはできない。コロナ禍で消費者の衛生意識が格段に向上しているなか、飲食店でメニューを手にすることに抵抗を感じる来店客も少なくない。そうした状況にUSENが「新しい営業スタイルの切り札」として提供を始めたのが、「USEN My Menu」と「Uレジ Mobile Order」というサービスだ。

   「USEN My Menu」は、メニューをデジタル化してQRコードに転換する仕組み。店ではQRコードをポップにしたり、シールにしたりしてテーブルやカウンター席に配置。来店客は自分のスマホにQRコードを読み込ませれば、メニューを手にせずに済む。「Uレジ Mobile Order」は、来店グループごとに発行されるQRコードを読み込むことで、WEBブラウザ上でメニューを注文することができる仕組み。ECサイトで買い物をするかのような感覚で、好きなようにメニューを注文できるのが特徴だ。

   USENのITソリューション事業部、伊藤直嗣事業部長によると、「USEN My Menu」は、店舗の新型コロナウイルス感染防止対策としてサービス開発、6月に提供を開始した。「Uレジ Mobile Order」は当初、8月ごろのサービス開始を計画していた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、急きょ予定を前倒し。「6月から、提供を始めました。導入した店側からは、コロナ対策のうえに先進的なイメージの店づくりができると非常に好評です」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中