2020年 8月 6日 (木)

【尾藤克之のオススメ】幸せの扉は「天国」と「地獄」に分かれている!?

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   私たちの生活は大きくかわりました。これまでの常識や社会環境、経済環境はリセットされ、過去のものとなりつつあります。これからをどのように生きていけばいいのでしょうか――。

   今回は、作家の本田健さんにコロナ禍の生き方についてうかがいます。本田さんは、130冊以上の著書があり、累計部数は800万部を突破するなど日本を代表する作家としても知られています。

仕事消滅時代の新しい生き方(本田健著)プレジデント社
  • あなたはパートナーと、うまくいっていますか?
    あなたはパートナーと、うまくいっていますか?
  • あなたはパートナーと、うまくいっていますか?

あなたの幸せはどこにありますか?

「私には素晴らしい家族がいます。仕事もあって、家もあります。私に必要なものはほかに何があるでしょう?」

   みなさんには必要なものがなにかわかりますか?

   本田さんは、次のように解説します。

「仕事でもっと成功しないと、幸せになれないわけではありません。もっとお金がないと、安心できないわけではありません。たとえ仕事で失敗して一文無しになったとしても、そこへ行きさえすれば無条件であたたかく迎えてくれる場所。そんな居場所があれば、私たちは深い幸福感や安らぎを得られるのです」
「その居場所が、家庭であり、パートナーの存在ではないでしょうか。世界有数の資産家、ウォーレン?バフェットは、『成功するのに最も必要なことは?』の質間に『誰と結婚するかだ』と答えています。男女の問係だけでなく、男性同士、女性同士のカップルでも同じです。心から信頼し、支え合えるパートナーの存在は、仕事の原動力となり、人生を楽しく豊かにしてくれるものなのです」

   そう、本田さんは説きます。

   とはいえ、いいバートナーシップを築くのは、 そう簡単ではありません。中国ではロックグウンが解除された頃から、離婚届けの件数が過去最高レベルで増えています。これは何を意味するのでしょうか。

「病気やお金の不安でただでさえ苛立っているところへ、24時間、家族が同じ空間で過ごさなければならなかったのです。些細なことでカチンときたり、ムカッとしたり。ふだん気づかなかった相手のアラまで見えてきて、『こんな人だとは思わなかった』と揉め事が起こるのも容易に想像できます。こうしたコロナ離婚は、今後、日本やほかの国々でも増えてくるかもしれません」
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中