2020年 12月 2日 (水)

【襲来!新型コロナウイルス】「第1号」登場にプレッシャーから解放された岩手県民「勇気ある行動だ」「責めないでほしい」コールが起こるわけ?

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   第2波が来たのだろうか、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。2020年7月29日には、全国の感染者が新たに1259人確認され、過去最多となった。

   そんななか、「感染者ゼロ」を続けてきた岩手県に、初の感染者が出た。達増拓也知事や地元メディアは「第1号の人を責めないで。温かく共感をもってほしいと」と訴えている。

   これで、岩手県民もプレッシャーから解放されるだろうか? 地元メディアをネットの声を拾うと――。

  • 7月29日の記者会見で「感染第1号の人を責めないで」と語る達増拓也知事(岩手県庁の公式サイト動画より)
    7月29日の記者会見で「感染第1号の人を責めないで」と語る達増拓也知事(岩手県庁の公式サイト動画より)
  • 7月29日の記者会見で「感染第1号の人を責めないで」と語る達増拓也知事(岩手県庁の公式サイト動画より)

関東のキャンプ場のテントで雑魚寝、車中泊が原因か?

   岩手県民にとって衝撃的なニュースが飛び込んできたのは2020年7月29日19時1分だった。地元テレビIBC岩手放送のニュース番組の最中に「緊急速報」のテロップが流れ、アナウンサーが次のように読み上げた。

「岩手県は29日、県内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表しました。岩手県は全国の都道府県で唯一、感染者が確認されていませんでした」

   初の感染者は2人だった。盛岡市の男性(40代)と宮古市の男性(30代)である。20時から岩手県庁で達増拓也知事と谷藤裕明盛岡市長が共同で臨時会見を開き、詳細を明らかにした。

   岩手日日新聞(7月29日付オンライン版)「県内初 新型コロナ感染確認 盛岡、宮古の男性2人 濃厚接触者把握急ぐ」が、こう伝える。

「岩手県によると、盛岡市の男性は22日に自家用車で関東のキャンプ場に移動し、県外の友人男性3人と車中泊した後、23~26日まで同じテントで宿泊。26日にキャンプ場を自家用車で出発し、帰宅途中に県内を含む3か所の高速道のサービスエリアに立ち寄った。27、28日は職場に自家用車で出勤し、勤務中はマスクを着用していた。宮古市の男性は27日に発熱外来で民間検査を受け、29日に陽性が確認されたが、どこで感染したかは不明だ」

   盛岡市の男性は、28日にキャンプに参加した友人1人から新型コロナの陽性が確認されたとの連絡を受けて専門機関を受診し、PCR検査の結果、陽性が確認されたのだった。キャンプに参加した友人はせき込んでおり、男性本人も27日頃から軽いせきやのどに違和感があったが熱はなく、27日から出勤していた。

   いずれにしろ、キャンプ中は車中泊をしたり、同じテントに雑魚寝したりして「密」の状態だったわけだ。ちなみに、キャンプの場所は「東京」以外の関東としか発表されていない。

   達増拓也知事は、記者団から「知事はいつも第1号の感染者が出ても、けっしてとがめないと語っていたが、気持ちに変わりはないか」と聞かれると、

「新型コロナは誰でも感染するので、岩手県でも例外ではない。感染した方にお見舞いを申し上げたい。皆さんも共感を持っていただきたい」

と、責めないでほしいと強調したのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中