2020年 8月 13日 (木)

いよいよ発売! ヘンリー王子とメーガン妃の「暴露本」でトクするのは誰だ(井津川倫子)

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   2020年3月末に英国王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃の「暴露本」が、8月の発売を前に話題をさらっています。

   これまでも2人の馴れ初めや英王室メンバーとの確執、王室離脱に至るまでのドラマが赤裸々に描かれているという前宣伝が流れていましたが、複数の英メディアが内容の一部をスクープ!

   報道を見る限り、確かに「ここまで書いていいの?」という内容ではありますが、正直、「メーガン妃押し」が露骨すぎるような......。果たして、世界一有名なファミリーの暴露合戦に勝機はあるのでしょうか?

  • ヘンリー王子とメーガン妃「暴露本」騒動はどうなる?(写真は、英国の街並み)
    ヘンリー王子とメーガン妃「暴露本」騒動はどうなる?(写真は、英国の街並み)
  • ヘンリー王子とメーガン妃「暴露本」騒動はどうなる?(写真は、英国の街並み)

メーガン妃がショックを受けた「ネックレス事件」とは?

   8月11日に発売される「finding freedom~ Harry and Meghan and the Making of a Modern Royal Family(自由を探して~ヘンリーとメーガン、新しいロイヤルファミリー)」の内容が少しずつ明らかになり、その内容がセンセーショナルすぎると衝撃が広がっています。

   同書はヘンリー王子夫妻と仲が良いとされる2人の英王室記者が書いています。著者によると、「王子夫妻にインタビューして書かれたものではない」「夫妻が寄稿などしていない」ということですが、果たして本当にヘンリー王子夫妻は「無関係」なのでしょうか?

   一部英メディアが「事前スクープ」した内容を読む限り、本はヘンリー王子夫妻の視点で描かれています。「友人らが多くの情報を提供した」としていますが、本人たち以外は知るはずがない「プライベートな話題」が含まれていますから、二人がネタ元であることは間違いないでしょう。

   肝心の「暴露本」の内容はといえば、正直「想定の範囲内」といったところでしょうか。もちろん、まだ発売前ですので全容はわかりませんし、判断を下すのは時期尚早だと思います。それでも、ヘンリー王子夫妻、とりわけメーガン妃を擁護する目的で描かれていることがありありで、しかもちょっと子どもっぽいのです。

   たとえば、他の王室メンバーとの「確執」があったと主張していますが、その原因が兄のウイリアム王子が結婚前に「『あの子(メーガン妃)』とのつきあいは慎重にしろ」と、「あの子」呼ばわりしたことにヘンリー王子がショックを受けたとか、王室の公式行事でキャサリン妃に目配せしようとしたメーガン妃が無視されたとか、「どうでもいい」ことばかりでした。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中