2020年 10月 29日 (木)

【株と為替 今週のねらい目】新型コロナは「感染第2波」懸念拡大! 東京株式市場はリスクオフだ(8月3日~7日)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

東京外国為替市場 米国、景気の悪化懸念強まる

ドル・円予想レンジ:1ドル=1ドル=104円00銭~107円00銭

   2020年7月31日(金)終値 1ドル=105円88銭

   今週の外国為替市場でドル円相場は、上値の重い展開か。

   前週のドル円相場は、ドルが弱含みで推移し、一時1ドル=104円前半まで円高が進行した。4~6月期の米国GDP(国内総生産)がマイナス32.9%と統計開始して以降、最大の悪化となったことで米国景気の悪化懸念が強まった。

   今週のドル円相場は、上値の重い展開が続きそうだ。米国景気の悪化懸念が強まっていることに加え、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が会見で「経済を支援するため全手段を用いる」と発言したことで、金利先高観が大幅に後退した。

   7日に発表される米国の7月の雇用統計が市場予想を下回るようであれば、ドル売り材料となりそうだ。

   経済指標は、国内では3日に1~3月期のGDP2次速報改定値、7月の新車販売台数、4日に7月の東京都区部消費者物価指数、7日に6月の家計調査と毎月勤労統計調査、景気動向指数などが予定されている。

   海外では、3日に7月の米国ISM製造業景況指数、5日に7月の米国ADP雇用統計、6月の米国貿易収支、7月の米国ISM非製造業景況指数、7日に7月の米国雇用統計、7月の中国貿易収支などが予定されている。

(鷲尾香一)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中