2020年 9月 25日 (金)

テレワークでキャリアを何倍にもできる方法を伝授する

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルスの感染拡大予防で、導入が急に進んだ在宅勤務。本書「在宅HACKS! 自分史上最高のアウトプットを可能にする新しい働き方」は、そのテレワーク(あるいはリモートワーク)が、ポスト・コロナの時代には「当たり前」になることを前提に、然るべき働き方改革を導く一冊。

   会社を辞めて在宅中心に仕事を続けた著者は、そのおかげでキャリアを何倍にも広げることができたそうだ。在宅勤務を、単に働き場所の選択と受け流してはいけないと指摘する。

「在宅HACKS! 自分史上最高のアウトプットを可能にする新しい働き方」(小山龍介著)東洋経済新報社
  • 在宅勤務が進み、通勤客はゼロに……
    在宅勤務が進み、通勤客はゼロに……
  • 在宅勤務が進み、通勤客はゼロに……

「何足ものわらじを履き分けてきた」

   著者の小山龍介さんは京都大学で美術史を学び卒業。大手広告代理店での勤務を経て、米国MBAを取得。映画・演劇を制作する松竹で新規事業プロデューサーとして歌舞伎をテーマとした業務に携わった。2008年に退職した後は、在宅を中心に仕事、執筆、大学院での教職など複数のキャリアを積み重ねてきた。今は、新商品開発、新規事業開発などを行う会社を経営する一方、大学院でビジネスモデル論を講じている。

   「在宅HACKS(ハックス)」の「ハック」は「解決する」というような意味。著書には、「IDEA HACKS!2.0」や「TIME HACKS!」「クラウドHACKS!」などがあり、ハックシリーズとして知られる。キャリアや著作の多彩さから、肩書も、会社社長のほか、広告プロデューサー、コンセプトクリエーター、ビジネス書作家などと多彩だ。

   著者は、本書で「二足どころではない何足ものわらじを履き分けてきた」と振り返る。それを可能にしたのは「在宅勤務だった」。「もし、ひとつの企業に9時から5時まで働いていたら、とても実現できないキャリア」だからだ。在宅で仕事をするようになって著者は、それまでとは違う「何倍ものアウトプットを実現する新しいキャリアの可能性」を見い出し、それをうまく生かすことできたという。

   ポスト・コロナの時代には、著者のように会社を辞めなくても、誰にでも「在宅勤務」の機会がやってくる。「そのインパクトが私たちのキャリアに及ぶことに多くの人が気づいていない」ことに、著者は苛立ち「在宅勤務を通して起こるポスト・コロナ時代の『キャリア』の大転換を示す」ために本書を刊行した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中