2020年 9月 20日 (日)

女性の登用歩み遅く...... 管理職「30%目標」の達成は7.5%

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   女性管理職の割合について、政府目標である「女性管理職30%以上」を超えている企業がわずか7.5%にすぎないことがわかった。帝国データバンクが2020年8月17日、「女性登用に対する企業の意識調査(2020年)」を発表した。

   女性管理職の割合は平均7.8%で、2019年と比べて0.1ポイントの上昇にとどまった。

  • 女性管理職への道のりは長い……(写真はイメージ)
    女性管理職への道のりは長い……(写真はイメージ)
  • 女性管理職への道のりは長い……(写真はイメージ)

女性管理職の割合7.8%、前年比わずか0.1ポイントの上昇

   調査によると、女性管理職の割合は平均7.8%と前年比0.1ポイント上昇。政府目標である「女性管理職30%以上」を超えている企業は7.5%(同0.4ポイント上昇)と、わずかながら増加したものの、依然として低水準にとどまっている。

   また、女性役員の割合をみると、前年から1.0ポイント上昇して平均10.8%となった。女性従業員の割合は平均で25.8%(同0.6ポイント上昇)だった。

   自社の女性管理職の割合が5年前と比べて「増加した」と答えた企業は21.2%。一方、「変わらない」とする企業が69.8%と7 割近くに達した。また、現在と比べて今後、女性管理職の割合が「増加する」と見込んでいる企業は21.7%で、前年よりも1.9 ポイント減った。2014年以降は緩やかな拡大傾向にあったものの、18年をピークにやや鈍化している。

   女性役員をみると、5年前と比べて「増加した」企業は8.7%、今後「増加する」と考えている企業は6.9%で、前年から0.7 ポイント減った。「変わらない」とする企業は73.4%と、7割超え=下図参照

「変わらない」とみている企業は少なくない(帝国データバンクが作成)
「変わらない」とみている企業は少なくない(帝国データバンクが作成)

   社内外を問わず、女性登用を進めている企業は42.6%で、前年から7.4ポイント減少した。女性登用を進めた効果では、「男女にかかわらず有能な人材を生かすことができた」が71.8%と突出して高く、「女性の労働観が変化してきた」の29.1%、「多様な働き方が促進された」の28.4%(いずれも複数回答)が上位で続いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中