2020年 9月 21日 (月)

消費税減税も効果薄? 老舗百貨店が大量閉店、雇用維持を求め「マネキン」が座り込み(神木桃子)

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   ドイツでは2020年7月1日から、日本の消費税にあたる付加価値税の税率引き下げが始まっています。標準税率は19%から16%へ、食料品などに適用される軽減税率は7%から5%へ、12月末までの限定的な引き下げとなります。

   開始直後は、

「ドラッグストアで買いだめする」
「せっかくだから家具を買う」

という話を聞く一方、

「数パーセントの違いではあまり変わらない」

といった声も聞こえてきました。

   わたし自身は、これを機にと買ったのは子供用のベッドくらいですが、ふだんの買い物でも「減税だから......」という心理は少なからず働いています。景気回復の大きな一手になるのではと考えていたのですが、現状ではそうでもないようです。

  • 百貨店グループのガレリア・カールシュタット・カウフホーフは大量閉店を決定(筆者撮影)
    百貨店グループのガレリア・カールシュタット・カウフホーフは大量閉店を決定(筆者撮影)
  • 百貨店グループのガレリア・カールシュタット・カウフホーフは大量閉店を決定(筆者撮影)

消費税減税が物価上昇を抑制?

   ドイツ連邦統計局(Destatis)が8月13日に発表した7月の消費者物価指数は、前年同月比で0.1%のマイナス。また、前月の6月と比べても0.5%のマイナス。統計局は、物価の動向は多くの要因に依存しているとしつつも、付加価値税の減税によって抑制されていると指摘しています。

ドイツ統計局(Destatis)2020年8月13日付プレスリリースより筆者作成
ドイツ統計局(Destatis)2020年8月13日付プレスリリースより筆者作成

   ドイツ連邦財務省の試算では、今回の付加価値税の減税措置で196億ユーロ(約2兆3520億円/1ユーロ120円換算)の税収減になるとされています。これは2019年の付加価値税による税収のおよそ8%に相当します。金額で見るとインパクトがあるだけに、消費者物価がマイナスを示したことは意外な結果でした。

   しかし、実際に街中を歩いてみると、減税に浮かれているような雰囲気をあまり感じないことに気づかされます。むしろ、コロナ危機によって厳しい経済状況が続いていることを目の当たりにするほうが多いかもしれません。

神木桃子(こうぎ・ももこ)
神木桃子(こうぎ・ももこ)
オーガニックライター
島根県生まれ、東京・多摩育ち。物事の成り立ちを知りたいと大学では有機化学を専攻。小売業界でのオーガニック製品や地域産品のバイヤーを経て、2014年よりドイツに移住。「もっと心地よくグリーンな暮らしへ」をテーマに、ドイツのマーケット情報やトレンド、ライフスタイルについて執筆活動中。3歳になる娘と日本人の夫との3人暮らし。
ドイツ在住。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中