2020年 9月 21日 (月)

【企業分析バトル 第4戦】就活とカードローン関連のメディアの「ポート」 M&Aやオンライン診療で事業拡大も(一橋大学)

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   今回選んだ銘柄は、東証マザーズに上場している「ポート」(7047)だ。

   第3戦までは、直近の決算発表や業界の将来性から銘柄を絞ってきた。今回はこれまでと手法を変え、企業の成長性という観点からスクリーニング(ふるい分け)して銘柄を選ぶことにした。

   なお、会社予想のPER(株価収益率)や前期から今期にかけての売上成長率の予想などによっても絞り込みたいところだが、コロナ禍で業績予想を未定としている企業が多いために条件から外した。

  • 東証マザーズに上場の「ポート」、就活メディアの会員数・顧客数は増加中だ(写真はイメージ)
    東証マザーズに上場の「ポート」、就活メディアの会員数・顧客数は増加中だ(写真はイメージ)
  • 東証マザーズに上場の「ポート」、就活メディアの会員数・顧客数は増加中だ(写真はイメージ)

直近は赤字決算も、就活メディアの会員数・顧客数は増加中

   小型株の高成長銘柄を見つけるために行ったスクリーニングの条件は、以下のとおりである。

(1)東証マザーズに上場
(2)時価総額が100億円以下
(3)売上成長率(前々期→前期)が20%以上
(4)売上成長率(3期前→前々期)が20%以上
(5)営業利益成長率(前々期→前期)が20%以上

   以上の条件によって数社に絞り込み、各社の事業内容や株価の推移を検討した結果、ポートを選択することにした。

   ポートは、主にインターネットメディア事業を展開する会社だ。就活・転職などを支援するキャリア系情報プラットフォーム「キャリアパーク!」と、お金に関するライフサポート型メディア「マネット」の運営が主な事業内容である。

   「キャリアパーク!」は国内最大級のキャリア情報サイトで、そのユーザーに対して企業とのマッチング機会を提供するサービスの「キャリアパーク! 就活エージェント」も運営している。

   また「マネット」は、柱となるカードローン情報サイトと、初心者向けFX総合情報サイトから構成されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中