2020年 9月 20日 (日)

【株と為替 今週のねらい目】菅「アベノミクス継承」内閣誕生へ どうなる株価?(9月14日~18日)

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   2020年9月14日、自民党の次期総裁に菅義偉官房長官が選出され、安倍政権を踏襲する「菅内閣」が誕生する見通しとなった。日本銀行による大規模な金融緩和策や、機動的な財政出動などの経済支援策は継続されるとの思惑から、リスク回避的な円買いは後退する見通し。焦点は、菅内閣の顔ぶれと衆院の解散総選挙のタイミングに移っている。

   米国では、ニューヨーク株式市場のダウ平均株価が新型コロナウイルス感染症と経済対策への期待感が後退しているほか、米中対立の先鋭化、原油市況の下落などを材料が警戒されている。9月15~16日にFOMC(米連邦公開市場委員会)の会合が開催され、追加緩和につながる議論が活発となる可能性がある。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 「菅内閣」誕生へ! 注目される組閣
    「菅内閣」誕生へ! 注目される組閣
  • 「菅内閣」誕生へ! 注目される組閣

東京株式市場 東京もGoTo 経済回復に期待

日経平均株価予想レンジ:2万3000円~2万3800円

   2020年9月11日(金)終値 2万3406円49銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、強含みもみ合いとなりそうだ。

   前週の日経平均株価は、2週連続で上昇した。全般はもみあい相場が続いたが、日本銀行のETF(上場投資信託)買いが入ったことや米国株の反発も好感した。英アストラゼネカが新型コロナウイルスのワクチン開発での治験を一時中断すると伝わり、市場のセンチメントが悪化する局面もあったが、同社が治験を再開するとの発表したことで、センチメントが改善した。

   今週の日経平均株価は、強含みもみ合いとなりそうだ。市場の最大の関心事は14日の自民党総裁選。菅義偉官房長官が優位の情勢から、安倍政権の政策が継続される点では政局の混乱はないと見られているが、16日からの臨時国会と組閣人事の行方には注目が集まっている。

   東京都が新型コロナウイルス感染状況の警戒レベルを引き下げ、GoToトラベルキャンペーンの対象となったことなどで経済回復への期待も出ているが、新型コロナウイルスの感染拡大が大きく減少しているわけでもなく、また米中の貿易問題での対立、原油価格の下落など日経平均株価の上値を抑える材料も多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中