2020年 9月 29日 (火)

「釣りマニア」なら知っている! 店内に入ると果てしなく広がる生物のDeepな世界(Vol.16「鳥海書房」)

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   神田古書センタービルには個性的な店が並び、まさに「本のデパート」である。ジャンルごとに特化した専門店によって、フロアごとに鮮やかに景色も変わる。

   3階でエレベーターを降りれば、そこに広がるのは自然科学の奥深い世界だ。ここ「鳥海書房」は、植物や生物、人間の生活に関わる自然などを専門にする古書店。店主の鳥海洋さんにお話をうかがった。

kaisha_20200909183941.png
植物や生物、人間の生活に関わる自然の専門古書店
植物や生物、人間の生活に関わる自然の専門古書店

迫力ある生物画の世界

   店に入って一番に目に飛び込むのは、さまざまな生物画が積まれたワゴンだ。本であったものをバラして、1枚のカードのように図版部分をメインにして販売しているのだ。1枚1枚の精密で鮮やかなボタニカルアートの迫力に、目が引き込まれる。

「専門的な知識を得たいお客さんじゃなくても、気軽にこういったものから興味を持ってもらえるんじゃないかと思って販売しています。きちんと情報を伝えようと言う気概が感じられる丁寧な仕事で、構図もおもしろい。デジタルで印刷したものには出せない風合いがあります」

と、店主の鳥海洋さんは話す。

没後、遺族が1冊にまとめた。
没後、遺族が1冊にまとめた。

   オススメの1冊をお聞きすると、日本のボタニカルアートの第一人者である太田洋愛氏の作品集「百桜図」を紹介してくれた。生前に描いた桜の作品群を120図収めてあり、あらゆる種の桜が生き生きと描かれている。

なかざわ とも
なかざわ とも
イラストレーター
2016年3月学習院大学文学部卒。セツモードセミナーを経て桑沢デザイン研究所に入学、18年3月卒業。趣味は、宝塚歌劇団、落語、深夜ラジオ、旅行。学生時代より神保町に惹かれ、現在フリーペーパー「おさんぽ神保町」の表紙や本文のイラストを手掛けている。1994年、東京都生まれ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中