2021年 4月 11日 (日)

寿司にスパゲッティ、そしてキムチ これすべて仮想通貨なんです!?(ひろぴー)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

再び到来! 草コインブーム

   驚くのは、その後です。2020年9月1日には、今度は「キムチswap」が登場。これも、コピーの取引所ようなものです。今度は、寿司を売ってキムチを買う投資家の行動により、価格は急騰しました。

   すると、8月19日に取引が行われるようになった「スパゲッティ(PASTA)」という、これまた怪しげな仮想通貨が7倍以上に高騰。いわゆる、2017年末から2018年初頭に巻き起こった草コインブームが再び到来しました。

   しかし、こうなるとチキンレースです。投資家の多くは、この何をするかも良くわからない仮想通貨を保有し続けることは危ないと気づき始めるでしょう。その結果、寿司スワップが下落し始めると、他の○○スワップとよばれる仮想通貨も下落。分散型金融のネットワークであるイーサリアムも、その煽りを受けて急落しました。

   こうして、わずか1か月にも満たない間に草コインブームが始まり、そして去っていきました。みんな、この寿司を握っていても美味しくないなと思ったのでしょう。

   しかしながら、寿司スワップがこのまま消えていくかどうかはわかりません。たとえば、日本の仮想通貨であるモナコインは、2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)の掲示板の中で誕生しました。

   その後は、モナコインコミュニティが広がり、投げ銭機能やモナコイン決済でしか買うことのできないオリジナルグッズの誕生など、さまざまなサービスが生まれました。

   さて、寿司スワップですが、ある中堅のデリバティブ取引所の最高経営責任者(CEO)に権利が移りました。開発資金は、約28億6000万円もあるようで、もしかしたら今後使えるようなサービスになる可能性もあります。

   ちなみに、なぜ寿司スワップなのでしょうか? 恐らく、Uniswapがウニ(雲丹)と読めるからだと筆者は考えています。(ひろぴー)

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨@hiropi_fx
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将@goahead5055
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中