2020年 12月 5日 (土)

【尾藤克之のオススメ】秋の夜長に、ハイボールを片手に読みたい一冊

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

読書の秋の「お供」に......

   軽妙な語り口に、ページをめくる手が止まらなくなります。絶妙なハイボールを片手に、「食の風景」を覗いてみませんか――。

   銀座一うまいハイボールのお店・銀座「ロックフィッシュ」のマスターのエッセイはまさに絶妙です。アクリルボードを設置してコロナ対策も万全を期しています。昼の明るいうちから立ち飲みで味ってみてもいいかもしれません。

   これからの季節は、家飲みでひとり晩酌したり、バーや居酒屋にも、ひとりで行ったりすることが増えているかもしれません。そんなとき、スマホやテレビなどではなく、この本を片手にグラスを傾けてみましょう。

   著者が東京の片隅で出会った名物料理や、地方で味わった地酒と郷土料理の組み合わせの妙。思い出の中の懐かしの味や景色が再現されるかもしれません。秋の夜長にオススメしたい一冊です。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中