2020年 10月 26日 (月)

【株と為替 今週のねらい目】3月のコロナショックの再来か!? 世界的な株安くすぶる(9月23日~25日)

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   新型コロナウイルスの感染拡大への懸念と経済対策への期待感の後退、さらに世界的な大手金融機関のマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑が明るみになったことで、米国や欧州で株価が大きく下落。3月のコロナショックの再来かと、週末にかけて東京株式市場での日経平均株価も下落した。

   不安材料はまだある。米中対立の先鋭化に、9月15~16日の米FOMC(米連邦公開市場委員会)の会合で、2023年末まで低金利政策が継続されることになったことで、リスク回避のドル売りが優勢となった。円高の進行が株価を抑えている。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • またも世界同時株安なのか!?
    またも世界同時株安なのか!?
  • またも世界同時株安なのか!?

東京株式市場 円高進行に嫌気も

日経平均株価予想レンジ:2万2500円~2万3500円

2020年9月18日(金)終値 2万3360円03銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、下値を探る展開か。

   前週の日経平均株価は、小幅反落した。4連休を控えて、全般は狭いレンジでのもみ合いだったが、為替相場で円高が嫌気された。

   今週の日経平均株価は、東京株式市場の連休中に欧米株が大幅な下げとなったことを受け、いったんは下値を探る展開となりそうだ。米中関係の先鋭化、新型コロナウイルスの感染拡大に加え、米国議会で新型コロナウイルスのワクチンが国民に行き渡るのは来年夏ごろとの証言が出たことや、大手金融機関のマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑の報道なども懸念材料となっている。

   加えて、為替相場で1ドル=104円台前半までの円高進行となっていることも嫌気されそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中