2020年 10月 30日 (金)

旧態依然の土木工事の現場 30代社長が「下克上」を成功させた「3倍速ワーク」って?

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   ビジネス書の成功物語といえば、IT系やコンサルティング、あるいは斬新なアイデアのカフェなど、時代を先取りして花開いたストーリーが定番だ。

   本書「湘南の元バイク小僧、たった7年で年商25億の社長になる『3倍速ワーク』で成し遂げた地域No.1 土木工事ベンチャーへの道」も、いわゆるバイブル書にもなる成功物語なのだが、土木工事業という舞台が異彩を放ち、「定番の業界」と違って未知の部分が多い分だけ興味深く読み進められる。

「湘南の元バイク小僧、たった7年で年商25億の社長になる『3倍速ワーク』で成し遂げた地域No.1土木工事ベンチャーへの道」(上原総栄著)小学館
  • 「3倍速ワーク」で臨めばまだまだ成長に道あるはず
    「3倍速ワーク」で臨めばまだまだ成長に道あるはず
  • 「3倍速ワーク」で臨めばまだまだ成長に道あるはず

いまや「6K」職場の評価が定着

   著者の上原総栄(うえはら・そうえい)さんは、1983年の神奈川県生まれで2020年のことし37歳。オートバイ好きからバイクの板金工となり、さらに土木工事会社に入社。3年目で現場責任者を任されるなど実績を挙げ、13年に県内は茅ヶ崎で自ら土木工事会社を創業。7年間で、湘南地域でトップの施工実績をあげるまでに成長させた。

「創業して何十年も経っているような老舗企業が受注を独占する地元の経済界に置いて、いわば下克上を成し遂げたのです」

と、胸を張る上原さん。

   そう声を大にして言いたいのにはワケがある。土木工事の世界では、古い業界にいつまでたっても支配され、非効率や不条理が是正されぬまま放置され、創業間もないベンチャー企業がそのなかで、成長を果たすなどだれもが考えていなかった。その中での壮挙だったからだ。

   「建設業界とまったく異なる業界で働くビジネスパーソンにとっても『3倍速ワーク』の考え方とノウハウは必ず役立つことと確信しています」と、上原さん。本書では、多くの人に「3倍速ワーク」について知ってほしいと、その詳細をまとめたほか、旧態依然とした業界に挑み下克上を成功させた軌跡についてもレポートされている。

   同業者、関係業者の社長は60歳なら若いほう。70代の経営者がほとんどだ。少子化のなか、3K(きつい、汚い、危険)ばかりか、「格好悪い」「休日少ない」「給料安い」の新3Kがプラスされ、6K職場の評価が定着し、新たに業界入りする若者もめっきり減った。

   その中に飛びんで、こう確信した。古いしきたり、非効率、不条理を是正した会社をつくるだけで十分勝てる、と。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中