2021年 4月 13日 (火)

イーサリアム上昇に落ち込む慶大、ビットコインを追う専修大と職業大、動じない明大(1)【カソツー大学対抗戦 第23週】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

めちゃくちゃ上がったイーサリアムにショック(慶応義塾大学)

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   9月25日のビットコイン価格は、1万690ドルとなり、前週よりも少々価格が落ちた結果となりました。 今週(9月21日週)の米ニューヨーク株式市場は、ダウ平均株価が低迷するなか、それにつられる形で仮想通貨市場も全面安となっています。またいつもどおり、ゴールド相場の急落にも連動して安くなりました。

   9月全体でみると、イーサリアム(ETH)が月初と比べて56%増と驚異的なパフォーマンスを叩き出しています。

   リップル(XRP)にずうっと注目していていたら、まさかのイーサリアムがめちゃくちゃ上がっていて、正直落ち込んでいます。

   来週以降の仮想通貨相場ですが、週明けから欧州中央銀行のラガルド総裁の発言、独消費者物価指数、米GDP(国内総生産)確定値、さらに雇用統計などの重要指標の発表が目白押しとなっており、仮想通貨相場のボラティリティが大きくなることが予想されます。

   さて、今週の取引ですが、リップルが前週に比べて少し値下がりしており、全体で97円マイナスの1万4935円となっています。

   今週は、一時1XRP=24円台半ばまで落ち込んでいたので、利益確定売りをしようかとも迷いましたが、そのままにしています。来週のボラティリティの幅によっては、一たんポジションを精算して短期的な売買を行うかもしれないです。

   では、また来週!

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
9月はDeFiブームの最後のピークからイーサリアム(ETH)が盛り上がりましたね。その後は、ビットコイン、リップルともに材料難であり、株式・為替市場に連動する日が続いています。ひとつ今までと変わったことは、売買代金が低迷しても相場が堅調になったことです。
「閑散に売りなし」という株式市場の言葉がありますが、仮想通貨市場においては逆でした。しかし、9月後半は、全体の売買代金が10兆円を下回りながらも相場は堅調な日が続きました。
仮想通貨市場は、大きな転換点を迎えているサインなのかもしれません。

前週からの損益  マイナス97円
9月25日現在    1万4935円

保有する仮想通貨    リップル

プロフィール
明治大学 IT
法学部2年、群馬県出身。多少のFX経験はありますが、仮想通貨は未経験です。
好きなミュージシャンはThe 1975とColdplay。好きな作家は村上春樹とさくらももこ。未熟な部分も多いですが、温かい目で見守っていただければと思います。よろしくお願い致します!
慶應義塾大学 馬医金満
環境情報学部3年。2年連続の参戦で、2連覇を目指す。周りの友達の多くが情報系、バイオ系の研究をしているなか、元日銀審議委員の教授の下、金融政策を学んでいるマイノリティ。4つのアルバイトを掛け持ちして、年に10日もフリーな日がない。仮想通貨の取引歴は約2年で、まだまだ初心者。現在、ブロックチェーン技術そのものの仕組みと、時事ニュースに興味津々。
仮想通貨で現金100倍! が目標。
専修大学 ゆう
経済学部3年。投資研究会TAMAGO所属。仮想通貨取引で失敗を経験している。趣味は散歩。ほかの大学の方々を参考にしたり話したりしたいと考えている。
群馬県出身。
中央大学 カンタロ
親が株式投資を少しかじっている程度で、私自身は初心者です。もちろん、仮想通貨も未経験なので、少しずつ運用に慣れ親しんでいきたいと思います。
趣味は漫才とチェス。
職業能力開発総合大学校 さっちん
電気専攻3年。飛び入り参加をすることになりました。残り時間は少ないですが、奮戦していきたいと思います!
友人とはよくボードゲームなどをしています。仮想通貨取引は初心者ですので、お手柔らかにお願いします!
将来は、田舎に篭って釣りでもして静かに生きていきたいです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中