2020年 10月 31日 (土)

【コロナに勝つ!ニッポンの会社】飲食店・観光施設は? Go Toで「非接触化」「混雑検知システム」導入進める

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   政府の観光支援策「Go To トラベル」の対象に、2020年10月1日から東京発着が加えられ、また外食需要を喚起する「Go To イート」もいよいよ始動した。

   これに合わせ、観光業者や飲食業者らは、お客の誘致キャンペーンはもちろん、コロナ禍にあることを忘れず、感染防止対策の「混雑検知」や「非接触」のシステムを導入する動きが活発化している。

  • 横浜・野毛の飲食店街
    横浜・野毛の飲食店街
  • 横浜・野毛の飲食店街

地域ぐるみで飲食店に受付システム

   横浜市の野毛飲食業協同組合は、地域ぐるみでコロナ対策に取り組む。イベント会場や店舗向けに、利用者が自分のスマートフォンで入場や入場予約が受付できるサービス「QRin(キューアールイン)」を提供する株式会社QRin(東京都港区)のシステムQRinを組合に加盟する約210店舗で導入する。2020年10月1日の発表。

   QRinは、イベント会場や店舗で、対面や用紙記入のほかタッチパネルで行われている受付を、設置されたQRコードを利用者が自身のスマホで読み込むことで完了する「完全非接触型」システム。スマホには待機人数が表示され、自分の順番がくると通知が届く。行列や整理券の配布が不要となり、店舗側の負担や従業員や客の感染リスクが軽減できる。

   QRinによると、導入や運用にかかる費用はなく、専用端末やアプリのダウンロード、なんらかの設定も不要。QRコードの設置だけで稼働できる。

   横浜・野毛地区は、食の拠点として数百もの飲食店が立ち並び、日本有数の飲食店街でもあり、横浜の名所の一つでもある。地元住民だけでなく多くの観光客が訪れることで知られるが、コロナ禍の影響で客足が遠のいていた。

   コロナ対策として、従業員とお客、またお客同士の非接触化に向けた取り組みが必要とされたが、組合に加盟する飲食店は個人経営が多く、導入コストの懸念やデジタルツールへの苦手意識があったが、組合主導でQRinの導入を進めることになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中