2020年 10月 26日 (月)

働く女性の生きづらさに共感の声! うっかりミスで女性が「男性エリート社員」になるドラマのリアリティ度は?(2)

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   再就職活動でうっかり「男」として採用試験を突破した女性が、大企業でエリート男性社員として活躍するドラマが話題になっている。小芝風花さん主演の社会派ラブコメディー「書類を男にしただけで」(TBS系、2020年10月11日放送)だ。

   大企業に残る「男尊女卑」の実態と女性社員の生きづらさを、たまたま「男」になってしまったヒロインの目を通して、コミカルかつ痛快に描いた。

   ネットでは働く女性たちから、

「私も一度は男として働いてみたくなった」
「ヒロインの差別を訴えるセリフの数々の涙が出た」

などの共感の声が起こっている。

  • 箕輪祐希(小芝風花)は「男」として入社、エリート部署に抜擢される(TBS「書類を男にしただけで」の番組ホームページより)
    箕輪祐希(小芝風花)は「男」として入社、エリート部署に抜擢される(TBS「書類を男にしただけで」の番組ホームページより)
  • 箕輪祐希(小芝風花)は「男」として入社、エリート部署に抜擢される(TBS「書類を男にしただけで」の番組ホームページより)

「私も一度は男として働いてみたくなったよ」

   このドラマは入社5年目という女性プロデューサーの中西真央さんが企画した。中西さんは番組ホームページで、こう語っている、

「エントリーシートを男で出していたら、私の人生もちょっと違ったかな。2年前に明らかになった医学部入試での女子に対する不正な減点のニュースを見ていて、ふとそう考えたのが企画のきっかけです。私は幼いころから多くの男子と一緒に遊ぶのが好きでしたが、どうにもならない違いがあるのは事実で、女の私が男のようには生きられない。日常の中にある男女の些細な違いから、許しがたい理不尽な違いまでを、誰かを傷つけたりすることなく、コメディーの力を借りて描けたらと思って生まれたのが今回のドラマです」

   ネット上では、まずヒロインの祐希が「男」として入社する設定に共感する声が意外に多かった。

「もう半世紀近く前のことですが、性別を偽って就職していたとして、逮捕された女性が新聞記事に載っていたのをおぼろげながら覚えています。胸にさらしを巻いていたとかで、たぶん身分証の写真のような顔写真が載っていたのが印象に残っています。前をキッと見つめ、七三分けにした髪型、中年のおじさんのような風貌。ジェンダーに関する議論や記事を見るたびに、あの人のことを思い出します。あのころも教育上のタテマエは男女平等でしたが...」
「ドラマに共感した。就職活動の時、企業の情報をもらうのに自分の名前(私は女性)と父親の名前で応募したなあ。性別と名前以外は全部同じ内容で登録。父親の方に1か月近く早く資料が届き、その後も父親宛にだけ企業からダイレクトメールがバンバン届くけど、自分宛には全然こなかった。負けるものかと思うとともに、そういう企業には応募しないようにした」

   ドラマでコミカルに描かれた「女性差別」の実態にも「あるある!」の声が。

「おもしろかった。毎回、差別と闘う内容を連続ドラマでやってほしい」
「単発なのが残念なくらい、共感できるセリフのオンパレードの素敵なドラマだった。私も一度は男として働いてみたくなったよ。本当に楽になれそう。主人公の『分かりやすいパワハラ、セクハラはなくなってきたけど、その分陰湿なハラスメントになっただけの気がする』という意味のセリフ(正確ではないけど)があったが、これは本当にその通りだなと思った」
「祐希が新入りなのに、男という理由だけで1年目からチーフになったよね。うちでもそういう例が多い。男のほうが、就活ホントにやったの? 面接ちゃんと受けたの? と疑問に思うほど無能な奴が多くない? それなのに早く偉くなる。若手の男だとオッサンも可愛がるからね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中