2020年 11月 1日 (日)

50代に向けて、あきらめることも必要なのかな?【ひろ子ママの教訓 その24】

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   きょうは、40代後半のOさんとTさんがいらっしゃっています。成功とか、あきらめるタイミングとか、興味深いキーワードが飛び交っています。テーマは、あきらめるタイミングについてです。

「あと数年で50代になりますが、先日50代半ばの上司と話をしていた中で『この歳になったら、あきらめる勇気も必要だよ。できないことにしがみついてもいいことはない』って言われたんですよね。できないこと、あきらめるって何でしょうね。人生100年時代、あと半分、まだあきらめたくないんだよな......」

と話すOさん。

   そんなOさんに、数年前に7年かけて一級建築士の資格を取得したTさんがご自身の体験談を織り交ぜながら、話しています。

  • あきらめていいこと、いけないこと……
    あきらめていいこと、いけないこと……
  • あきらめていいこと、いけないこと……

続けることに自分の情熱があるかどうか

「成功とは成功するまでやり続けることで、失敗とは成功するまでやり続けないことだ」

   一度は、耳にしたことはあるとは思いますが、パナソニック創業者の松下幸之助さんの言葉です。この言葉どおり、成功と失敗は紙一重だと思います。Tさんは、どうして7年もかけて一級建築士に挑戦することができたのですか?7年って結構長い年数だと思うのですが......。

「数年間、挑戦していても、そこであきらめたらゼロなんですよ。数年間、一生懸命頑張っていたことがゼロになる。あきらめずに続けたからこそ今があるわけですが、私も勉強を続けている中で、まわりから『受からないから、そろそろあきらめたら、辞めたら』と言われたことも何度もありました。そう言って来るのは、資格を持っていない上司ばかりだったんですよね。逆に『受かるからもう少し頑張れ』って声をかけてくれたのは、資格を持っている人でした。最後は、『絶対受かってやる』という意地で受かりましたよ。」(Tさん)

   Tさんの中でやり続けることができたのは、「意地」という言葉もあったように、資格取得に向けて「情熱」があったかどうかがポイントとなったようですね。Tさんの仕事において、自分の信用力を高めるという目的と、そこに対しての情熱が合わさったから、資格取得につながったんだと思います。

   続けていることに対して、「無理なんじゃないか、あきらめたほうがいいのかな」と思った時は、自分が目標達成したい目的は何か? そこに対する情熱、自分の熱量があるのかを問いかけてみてください。

   たとえば、資格取得の目的が資格手当てのためで、そこに情熱が生まれなければ、他の方法で手当て分をアップさせたほうが早いのかもしれません。続けたことをあきらめる前に、一度考えてみましょう。「神様は乗り越えられる試練しか与えない」とも言いますが、年齢を理由に「できない」という限界を自分で作らないようにしたいものですね。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中