2022年 7月 4日 (月)

「カーボンニュートラル」実現までピットイン! F1撤退表明のホンダ、5回目の復帰はいつ?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

有望なドライバーもいたのに......

F1のレポートを公開しているホンダのホームページ
F1のレポートを公開しているホンダのホームページ

   とはいえ、ホンダのF1撤退表明は急だった。10月2日にはモータースポーツ専門サイトのTopNews.JPで、F2選手権で活躍している20歳の角田裕毅選手を、ホンダが2021年にF1デビューさせる可能性を模索していると報じられていた。

   角田選手は、ホンダの支援を受け、ホンダがエンジンを供給しているレッドブルの育成ドライバーになっている。そのわずか数時間後に、事実上の白紙になったわけだ。

   ファンにとっても撤退は寝耳に水。ネットではホンダの発表に、

「こういう(角田裕毅)選手がいるのに、ホンダが撤退するタイミングは理解できない...」

との恨み節もみられる。

   ただ、ホンダはこれまでにも撤退と復活を繰り返してきた。

   初参戦後の第1期は1968年を最後に撤退。米国で深刻化した大気汚染を食い止めるための大気清浄法(マスキー法)を受け、排気ガス規制のクリアに専念することを理由に82年まで13年間活動を休止した。

   1983年から、活動を再開して第2期がスタート。93年に再び撤退し、このときの休止は99年まで続いた。2000年に三度の参戦を果たしたが、この第3期がリーマン・ショックによる景気悪化で継続が困難になったことは記憶に新しい。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中