2020年 10月 31日 (土)

変わる「働く場所」 ショッピングセンターにワークスペース、移住ビジネスが多様化【コロナに勝つ!ニッポンの会社】

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   コロナ禍を過ごすための「新しい生活様式」へのシフトが求められていることを背景に、テレワークの導入や移住の動きが活発化している。

   こうした新たな需要を、ビジネスに転化する動きが盛んだ。

  • 西武東戸塚S.C.に設置された「コインペース」
    西武東戸塚S.C.に設置された「コインペース」
  • 西武東戸塚S.C.に設置された「コインペース」

売りものは1時間400円で自由に使える「仕事場」

   百貨店大手のそごう・西武(東京都千代田区)は、横浜市戸塚区にある「西武東戸塚S.C.」でテレワークなどに利用できるワーキングスペースを、2020年10月16日に稼働した。

<

   a href="https://coinspace.jp/" target="_blank">コインスペース株式会社(東京都渋谷区)が運営する「コインペース」(広さ152平方メートル)を43席用意した。料金は30分200円、1時間400円、1日1500円などのタイプがあり、電源やWi-Fiが備えられている。飲食の持ち込みは自由で、予約なしで自由に利用できる。

   西武東戸塚S.C.周辺は横浜や東京への通勤者が多く、コロナ禍でワーキングスペースのニーズが高まっている。同店は2020年3月に、ショッピングセンターに衣替え。地域に向け従来の百貨店の枠にとらわれない提案に努めていたことで、コインスペースの導入が実現した。

   新型コロナの感染拡大のなか、商業施設では退去するテナントが増えており、そのスペースにテレワークの受け皿として需要が増しているコワーキングスペースを設けるケースが多くなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中