2020年 11月 27日 (金)

フェルドマン教授の「コロナ禍からの脱出」講座 必要なのは「ゴジラを倒す秘密兵器」だ!

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   テレビ東京の経済情報番組「ワールドビジネスサテライト」のコメンテーターとしておなじみのロバート・フェルドマンさん。本書「フェルドマン教授の未来型日本経済最新講義」は、5年前の「フェルドマン博士の日本経済最新講義」(文藝春秋)以来の著作だ。

   本書では、この5年間に大きく姿を変えた世界経済について、そしてコロナ後の日本経済の展望について解説。必要なことは技術革新。新しい技術が現われれば、経済を変えることができると力説している。

「フェルドマン教授の未来型日本経済最新講義」(ロバート・フェルドマン著)文藝春秋
  • 予測ではコロナ以前に戻るのは2021年末だが……
    予測ではコロナ以前に戻るのは2021年末だが……
  • 予測ではコロナ以前に戻るのは2021年末だが……

待望される「オキシジェン・デストロイヤー」の開発

   2020年は初めての来日から数えて50年目というフェルドマン教授。当時は高校生で交換留学生として1年間ホームステイをして日本で過ごして以来、日本と日本語が好きになったという。フィールドによっては日本人より日本通だ。

   新型コロナウイルスなどの怪物を「ゴジラ」にたとえ、ゴジラを倒した芹沢博士、その秘密兵器「オキシジェン・デストロイヤー」が待望されるという。「芹沢博士役は、世界中の科学者・発明家・起業家たちです。彼らの活動を刺激して、普及させて初めて各々のゴジラたちを倒せるのです」という。

   本書では、それらの候補として、AI(人工知能)、デジタル通貨などが挙げられ、日本の技術革新のどこまで進んでいるのかが論じられる。

   本書によると、外国の企業が日本国内で研究開発を行う割合が極めて低い。日本国内に研究センターを作る外国企業もあるにはあるが、投資額は少なめだ。そのため、日本の情報は海外で生かされず、海外の情報は日本と共有されないという構造上の弱点を指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中