2021年 4月 11日 (日)

モチベーションUPには目標がいる? それよりも興味が湧いたらどんどん挑戦がいい!(西野一輝)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

何も行動しないで時間が過ぎるのはもったいない

   とはいえ、目指すものがないからモチベーションが低いとは言い切れず、クライアントから感謝の言葉をもらえば、うれしくて気持ちも高揚。モチベーションが上がった状態になるようです。 ならば、

「顧客満足度ナンバーワンの事務所を目指したらいいでは?」

と聞いてみたのですが、それは違う。日々を一生懸命に過ごすことが重要であり、先の目標なんてなくていい。その積み重ねの向こうに何があるか、まったくわからないから楽しいのである...... と話してくれました。

   この話を聞いて、それなりに納得する人が多いかもしれません。どう生きるのかはその人が決めることなので、本人が満足していれば、それがすべて。

   目指すことが明確でなくてもかまわない。そのようなプレッシャーをかける周囲の大人がいても無視すればいい。ただ、何も行動しないで時間が過ぎるのはもったいない、興味が湧いたことがあればドンドン挑戦する。この気概はもっておいたほうがいい気がします。

   すると、何か新しいことがみえてくる。それは何となくモチベーションを高め、日々の生活も楽しいものにするはず。目指すものがみつからなくてもいいのです。(西野一輝)

西野一輝(にしの・かずき)
西野一輝(にしの・かずき)
経営・組織戦略コンサルタント
大学卒業後、大手出版社に入社。ビジネス関連の編集・企画に関わる。現在は独立して事務所を設立。経営者、専門家など2000人以上に取材を行ってきた経験を生かして、人材育成や組織開発の支援を行っている。
著書に、「モチベーション下げマンとの戦い方」(朝日新書)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中