2021年 1月 20日 (水)

ビットコイン高値圏で慎重な明大と慶大 職業大が巻き返しに選択した仮想通貨は......(1)【カソツー大学対抗戦 第27週】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   急騰したビットコインは、その後も高値圏で安定している。明治大学のITは、そんなレンジ相場の入りどころを探って、チャート図とにらめっこを続ける。「ビットコインは今後長期的に上昇トレンドに乗るような気がする」という慶応義塾大学の馬医金満は、ビットコインの長期保有とアルトコインの短期売買を狙って、仕掛けのタイミングを計る。

   巻き返しを図りたい職業能力開発総合大学校のさっちんは、「このままではトップに追いつけない」と焦りつつも、とビットコインボルト(BTCV)に挑戦。「どう戦っていくか考え直した」結論の選択だ。専修大学のゆうは、今週は学業に専念。取引を見送った。

  • 辛抱のとき……
    辛抱のとき……
  • 辛抱のとき……

ビットコイン高値安定で勝負どころは?(明治大学)

   前週末、急騰したビットコインですが、今週(10月12日週)に入り、その急騰した価格帯でレンジ相場が続いています。この急騰後のレンジ相場をよくよく見てみると、三尊天井(高値圏で見られる形状の一つ。今までの相場の上昇が終了して今後近いうちに下降局面に入ることを示す)になっていることがわかります。この形は、強いトレンド転換のシグナルであり、今後近いうちに下降局面に入ることが予想されます。

   この三尊天井は、典型的な下降シグナルなので、今後、値が降下していく可能性は大きいように見えますが、上昇の材料もないわけではありません。

   上図の赤い平行チャネルのレジスタンスライン(上値抵抗線)と中線を見ると、その中で値が動いていることがわかります。これを見ると、細かい部分ではあるものの、上昇トレンドが発生しているという見方もできます。

   さらに、10月16日昼ごろに現れた長い陰線と下髭を見ると、ローソク足の実体が中線で止まり、なおかつそこから反発していることからも、中線がサポートラインとして意識されていることがわかります。

   なおかつ、もう少し巨視的にチャートを見ると、8日の急騰から現在にかけてでき上った形が、上昇フラッグの形になっています。上昇フラッグとは、チャートにおいて、上昇トレンドの時に出現する、右肩下がりの旗のような形状のものをいいます。これは、相場が急上昇した後、しばらく保ち合いを形成する場合に、高値と高値を結んだレジスタンスラインと安値と安値を結んだサポートライン(下値支持線)から描かれるものです。

   現在のビットコインは、一見すると三尊天井ですが、少し巨視的に見ると上昇フラッグの形になっているという複雑なチャートになっているようです。

   今後、値が上昇する場合は、上昇フラッグのレジスタンスライン付近で一度押し合いが起こることが予想されます。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
120万円を挟んで動きのない1週間でした。スクエア社のビットコイン購入のニュースで上昇した相場が一服。高値で捕まっていたポジションが解消され、ポジション調整の相場となりました。今年のビットコインは、15万円幅のステージで推移しているため、この時は、およそ115万円~130万円のレンジ相場であったかと思われます。
コメントを書いている現在は、130万円を突破したため、上値メドは145万円程度ではないでしょうか。

前週からの損益   プラス・マイナスゼロ
10月16日現在        1万1093円

アルトコイン、下がるかも......(慶応義塾大学)

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   今週(10月12日週)は、仮想通貨市場は週前半にかけビットコイン、アルトコインともに上昇していたものの、中国の大手取引所OKExの出金停止騒動などが不安視されて、週末には一時下落しました。結果として、ビットコインは120万円台、リップルは25.5円台で推移しています。

   今週、一つ気になったニュースとしては、大手資産運用会社の一つであるStone Ridge Holdings Group社が、1億ドル相当の価値を超えるビットコインを購入したというニュースです。同社の発表によると、購入はクライアントの資産運用を目的としたものではなく、自社の準備資産として、ビットコインを追加する判断の下で買われたということです。

   とはいえ、直近でいくつかの会社がビットコインを含めた仮想通貨を保有するというケースは増えてきており、たとえばツイッター創設者のJack Dorsey氏が経営するSquareが公開したホワイトペーパーでは、主に米ドルで構成されている自社のバランスシートを拡充し、「ビットコインに投資をするタイミングは今しかないと考えている」と説明。5300万ドル分のビットコインを購入しています。

   これらの理由から、ビットコインは今後長期的に上昇トレンドに乗るような気がしています。一方で、アルトコインは最近あまりいいニュースを聞かないので、もしかしたら来週は結構落ちるかもしれないです。

   さて、今週は特に取引していません。ビットコインの長期保有とアルトコインの短期売買を狙っているので、チャンスがあれば仕掛けようと思います。

   では、また来週!

◆ 児山将のワンポイントアドバイス ストーンリッジのニュースは、意外と話題になっていなったのですが、流石です。結果的に、この3社はとても良いタイミングでビットコインを購入できたわけです。株式に投資するよりも、高いリターンを得ています。スクエア社では、ビットコインの購入を好感し、株価も上昇しています。市場参加者は、主要金融商品のなかで今年最高のパフォーマンスを誇るビットコインの購入を行うことはポジティブに捉えているようです。
今後は、株主から「ビットコインの購入はしないのか?」という疑問を投げかけられる会社が多くなることが予想され、大口投資家の参入が加速するのではないでしょうか。

前週からの損益   プラス・マイナスゼロ
10月16日現在        1万5235円

◆ 今週は大学の授業が忙しく取引はお休みしました(専修大学)

   今週は学業が多忙で投稿できませんでした。総資産は前週と変わりません。

前週からの損益   プラス・マイナスゼロ
10月16日現在        1万949円

プロフィール
明治大学 IT
法学部2年、群馬県出身。多少のFX経験はありますが、仮想通貨は未経験です。
好きなミュージシャンはThe 1975とColdplay。好きな作家は村上春樹とさくらももこ。未熟な部分も多いですが、温かい目で見守っていただければと思います。よろしくお願い致します!
慶應義塾大学 馬医金満
環境情報学部3年。2年連続の参戦で、2連覇を目指す。周りの友達の多くが情報系、バイオ系の研究をしているなか、元日銀審議委員の教授の下、金融政策を学んでいるマイノリティ。4つのアルバイトを掛け持ちして、年に10日もフリーな日がない。仮想通貨の取引歴は約2年で、まだまだ初心者。現在、ブロックチェーン技術そのものの仕組みと、時事ニュースに興味津々。
仮想通貨で現金100倍! が目標。
専修大学 ゆう
経済学部3年。投資研究会TAMAGO所属。仮想通貨取引で失敗を経験している。趣味は散歩。ほかの大学の方々を参考にしたり話したりしたいと考えている。
群馬県出身。
中央大学 カンタロ
親が株式投資を少しかじっている程度で、私自身は初心者です。もちろん、仮想通貨も未経験なので、少しずつ運用に慣れ親しんでいきたいと思います。
趣味は漫才とチェス。
職業能力開発総合大学校 さっちん
電気専攻3年。飛び入り参加をすることになりました。残り時間は少ないですが、奮戦していきたいと思います!
友人とはよくボードゲームなどをしています。仮想通貨取引は初心者ですので、お手柔らかにお願いします!
将来は、田舎に篭って釣りでもして静かに生きていきたいです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中