2020年 11月 26日 (木)

株価一進一退? 欧州でコロナ感染再拡大、米大統領選も揺れて......【株と為替 今週のねらい目】(10月25日~30日)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   米大統領選は、2020年11月3日を控えて共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領の発言に注目が集まる。直近の世論調査では、バイデン氏優位が続いている。米追加経済対策の協議や新型コロナウイルスのワクチン開発の動向、フランスやスペイン、ドイツ、イタリアなど欧州でのコロナ感染の再拡大と、株価に影響を与えそうな材料は目白押し。そうしたなか、日米の企業の決算発表が本格化する。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 株価が一進一退で……
    株価が一進一退で……
  • 株価が一進一退で……

東京株式市場 国内企業で決算発表が本格化

日経平均株価予想レンジ:2万3200円~2万3800円

   2020年10月23日(金)終値 2万3516円59銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、狭いレンジでのもみ合いとなりそうだ。

   前週の日経平均株価は、小幅に反発した。ただ、全般は手掛かり材料難のなか、狭いレンジでのもみ合いが続いた。欧州を中心に新型コロナウイルスの感染再拡大が続いており、相場の頭を抑えた。

   また、為替相場がドル安・円高に振れていることも嫌気された。ただ、米国の追加経済対策合意に楽観的な見通しが強まったことや、米国の経済指標が市場予想を上回ったことで、反発した。

   今週の日経平均株価は、引き続き、手掛かり材料難のなか、狭いレンジでのもみ合いが続きそうだ。米大統領選挙を控えて、方向感に乏しい状態となっている。

   新型コロナウイルスの感染再拡大は懸念材料だが、一方で新型コロナウイルスのワクチン開発の進展なども伝わっており、関連動向が注目される。国内企業の決算発表が本格化し始めるため、個別物色が中心に動きになりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中