2020年 11月 27日 (金)

菅首相、まさかの空振り?! 海外メディアが一斉にスルーした所信表明の「あの話題」(井津川倫子)

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   菅義偉首相が臨時国会で初めての所信表明演説を行い、「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と表明したことが、大きなニュースになっています。

   首相指名から1か月以上も待たされた国会デビュー! 「スガノミクス」の看板政策とされる「携帯料金値下げ」「デジタル庁創設」「不妊治療への保険適用」といった具体策をアピールしたものの、メディアの見出しを飾るには至らなかった様子。海外向けに力強く宣言した「あの話題」も、まさかのスルー! 今のところ取り上げるメディアはなさそうです。

  • 国会デビューを果たした菅首相だったが……(2020年9月撮影)
    国会デビューを果たした菅首相だったが……(2020年9月撮影)
  • 国会デビューを果たした菅首相だったが……(2020年9月撮影)

菅首相の「国会デビュー」海外メディアの評価はいかに?

   待ちに待った菅首相の「国会デビュー」。冒頭の「所信表明演説」は、いったいどんな決意や政治理念を示すのかと注目が集まりましたが、「実務家」を自称する菅首相だけに「実利」を強調する話題が目立ちました。

   ところが、「スガノミクス」の看板政策とされる「携帯料金値下げ」や「不妊治療への保険適用」といったネタは大義に欠けていて、「トップニュース」には向かなかったのでしょう。国内メディアのほとんどが「温室ガス2050年ゼロ宣言」を大見出しで伝えると、海外メディアも追随。一夜のうちに、菅政権最大の「目玉政策」になってしまいました。

Japan will become carbon neutral by 2050, PM pledges
(日本は2050年までにカーボンニュートラルになると、首相が宣言した:英紙ガーディアン)

   「carbon neutral(カーボンニュートラル)」は、直訳すると「carbon」(炭素)「neutral」(中立)になる、という意味。何かを生産した時や人為的な行動によって排出される二酸化炭素と、植物の光合成などで吸収される二酸化炭素が同じ量、という状態のことです。

   日本はこれまで、環境問題に後ろ向きだと国際的に非難されてきましたから、菅首相が「2050年までに温室効果ガス排出量をプラスマイナスゼロにする」と発言したことは「大きな進歩」だと受け止められたようです。

   それでも、国内メディアのような「ご祝儀報道」とは無縁の海外メディア。なかなか甘い評価とはいかないようで、菅首相の「デビュー宣言」をバッサリと切り捨てるメディアも目立ちました。

Japan Pledges Net-Zero Emissions by 2050 Without Clear Roadmap
(日本は2050年までに温室効果ガス排出量の実質ゼロを宣言したが、明確な計画は示されなかった:米ブルームバーグ通信社)
Net-Zero Emissions:温室効果ガス排出量の実質ゼロ
roadmap:ロードマップ、具体的な計画

   確かに、所信表明演説では、目標に到達するための具体的な計画は述べられませんでした。原子力政策を加速するという一部報道もあり、実態は「すべてはこれから」(NHK報道)の様子。さらに、「本当に実現する覚悟なら、2050年ではなく2030年を目標にすべきだ(Asia Times)」と、指摘するメディアもありました。

   待ちに待った菅首相の「国会デビュー」でしたが、新リーダーの政治理念を期待した海外メディアにとっては「肩すかし」ぎみだったのではないでしょうか?

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中