2020年 11月 27日 (金)

「まだ成し遂げていない」と悩むより「遅咲きの人生」を目指さない!?【ひろ子ママの教訓 その27】

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   きょうは、50代半ばのUさんです。新卒で今の会社に入って、そろそろ役職定年に近づいて来ました。

「自分はこの会社員人生の中で何を成し遂げたのだろうか? という疑問が出てくるんですよね。とは言いつつも、『じゃあ、何を成し遂げたいのか?』と聞かれても、答えることもできなくて、同年代の方はどんなふうに考えているのかな?」

   Uさんのような悩みは50代に限らず、いくつになっても尽きない悩みの一つかもしれません。少しずつ考えていきましょう!

  • どうしたらいい? まだなにも成し遂げてない……(写真はイメージ)
    どうしたらいい? まだなにも成し遂げてない……(写真はイメージ)
  • どうしたらいい? まだなにも成し遂げてない……(写真はイメージ)

「やりたいこと」のヒントは「自分」の中にある!

   生きていると3つの立場の自分があるといわれます。一つは社会(会社・ビジネス)における自分、二つ目は家庭の中(生活・家族)の自分、そして自分自身です。

   Uさんのように新卒から一つの会社に長年勤めていると、仕事の忙しさに身をまかせ、社会における自分の割合が増えることで、「個」の自分を意識することも少なくなる傾向が高いといえそうです。

   さらに、「まったく趣味もない、好きなこともなく、休日はテレビを見るか寝ています」という方は要注意です!

   Uさんも、まずは「個」の部分に目を向けてみましょう。趣味がなかったら新しく趣味をつくる。趣味を見つけるために、いくつか興味があることを試してみて、心が動いたもの、楽しいと感じたことを趣味にしてはいかがでしょうか。

   「個」の自分の中で「楽しい」と感じたことの中に、「これを形にしたい」「これを極めたい」と思える「何か」が隠れているかもしれません。

   「まだ成し遂げていない」という言葉の中には、「何かわからないけど、やりたいことがある」「うまく言葉にまとめることができないけど、やりたいことがある」――。Uさんも、こんな思いを少なからず持っているのではないでしょうか。

   これは私の母親の例ですが、私の母親が50代の頃に「何かやりたいんだけどね」と言っていました。料理が好きだった母に「じゃあ、古民家カフェとかやったら」と話していたことを覚えています。そして60代後半で、子どもだけでなく大人も集まる地域の食堂のスペースを作ったんですよね。母はただ飲食店をやりたかったのではなく、人が集まる場所を作りたかったんですね。

「何かやりたい → 料理が好きなので飲食店かな? → でもカフェではない気がする → みんなが集まる場所を作りたい → そこで料理も出そう」

   ざっくり過ぎますが、こんな流れです。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中