2020年 11月 27日 (金)

「もっとも風通しがよく、チームワークのある」中央官庁は? 特許庁、経産省、環境省、裁判所... 意外な理由はこれだ!(2)

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   「縦割り行政の打破」を掲げる菅義偉政権は、中央省庁の改革に乗り出している。改めて中央省庁の官僚たちの仕事ぶりが問われる形だが、当の職員たちにとってもっとも働きやすい職場はどの省庁だろうか。

   就職・転職のジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが、会員ユーザーの口コミ投稿から調査した「官僚にとってもっとも風通しがよく、チームワークのある組織ランキング」を、2020年10月28日に発表した。

  • 裁判所事務官採用の説明会案内(最高裁公式サイトより)
    裁判所事務官採用の説明会案内(最高裁公式サイトより)
  • 裁判所事務官採用の説明会案内(最高裁公式サイトより)

歴史が浅く若い環境省は、出向者が多く多様性が魅力だ

環境省の新卒採用のポスター(同省公式サイトより)
環境省の新卒採用のポスター(同省公式サイトより)

   3位の環境省は、多様性に満ちた職場だ。歴史が浅く若い役所であることが幸いしている。各省庁から多様な人材が出向してきており、立場に関わらず意見しやすい環境のようだ。

「風通しがよく、幹部職員にまで短時間で協議案件をあげることができる。また、若手職員や外部からの出向者、研修員なども分けへだてなく、上の者に対して意見を述べることが比較的容易にできる。新たな発想のもとで、新しい政策の展開を目指すことに熱心な組織といえる」(総合職、男性)
「歴史と伝統がある省ではないので、風通しがかなりよい。上位の役職者とも、比較的フラットな状態で会話、相談できる。また、他省庁やさまざまな自治体、企業、機関から人員を受け入れている。多くのバックグラウンドを持っている職員が在籍していることも、他の省庁と比べて際立った特徴だ」(事務、男性)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中