2021年 1月 21日 (木)

ウィズ・コロナの時代 オンライン・セミナーに活路を見出そう!

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

「好き」「得意」を伝える!

   案内文が出来たら、「公開」だ。FacebookページとPeatixを使った「マス」対応と、個人に向けた「個別対応」がある。

   最も確実な集客のベースは、リピートとリピーターによる拡散・勧誘に尽きるという。さらに集客を盤石についての追加施策についてもふれている。

   自分のセミナーを企画することを書いた章もある。「誰もが教えるべき」だというのだ。個人として「売れるコンテンツ」を持つことは、会社への依存度を減らす手段になる。収入源もさることながら、自分が主体となり、人に必要とされていると感じる仕事を持つことは、生きがいにもなるだろう。

   一流じゃないと教えるに値しない、メジャーなテーマじゃないとダメ、完璧にしてから出すなどと考えるのは誤解だとしている。「好きで得意」なものは、自ら中にヒントがあるという。

   このほかに、オンライン・セミナーをプロデューサーする方法に1章を割いている。「オンライン・セミナーは集客のひと手段」「集客にトレンドを活用する」など。オフラインで年間200件のセミナー・イベントを手掛けてきた著者だけに具体的なノウハウが満載だ。

kaisha_20201106122651.jpg

「オンライン・セミナーのうまいやりかた」
高橋龍征著
発行元 クロスメディア・パブリッシング
発売元 インプレス
1480円(税別)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中