2020年 11月 27日 (金)

コロナ禍でニーズ高まる「混雑情報」「空き情報」の提供サービス

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   コロナ禍の「3蜜」回避を目的に、「混雑情報」や「空き情報」を提供するサービスへのニーズが高まっている。

   東海地方でフリーペーパーの発行やセールスプロモーション事業を行っている株式会社中広(名古屋市、岐阜市)と各地で買い物情報の提供サービスを行っている株式会社ロコガイド(東京都港区)は、名古屋市と連携協定を結び、各区役所の窓口の混雑情報をウェブで確認できるサービスのモデル実施を行なう。中広が2020年11月9日に発表した。16日から開始する。

  • 人ごみを回避!(写真はイメージ)
    人ごみを回避!(写真はイメージ)
  • 人ごみを回避!(写真はイメージ)

名古屋市と連携して「密」回避

「混雑ランプ」の仕組み
「混雑ランプ」の仕組み

   モデル実施されるのは、ロコガイドが2020年5月にリリースした「混雑ランプ」と呼ばれるサービス。現場からIoT端末であるボタン型端末を使い、混雑状況を「青(空き)」「黄(やや混み)」「赤(混み)」の3段階で発信できる。

   発信は、市のウェブサイトのほか、ロコガイドが運営するウェブサイトで確認できる。名古屋市と日ごろから業務を通じて関係を深めている中広が、協定や本格導入に向けて調整役を担う。

   混雑ランプがモデル実施されるのは、東区、北区、中村区、瑞穂区、熱田区の市民課窓口。北区では駐車についても運用される。期間は12月28日まで。

   混雑ランプは、地方自治体ではこれまで、静岡県浜松市、富山県南砺市などで導入されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中