2020年 11月 24日 (火)

石橋を叩いて渡る三越伊勢丹株 いまこそ「二度に買うべし」!(石井治彦)

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   これまでの株式投資で肝に銘じてきた格言がある。「二度に買うべし二度に売るべし」である。

   日本証券業協会の相場格言集は、

「『相場は相場に聞け』ではないが、まず相場に探りを入れる。つまり打診をして、自分の当否を確かめてみてはどうか。その結果、予想どおりであることがわかったら、そこで初めて本格出動してもまだ十分に間に合うはずだ。一度に出て行って失敗することを考えれば、これくらいの手間ヒマは惜しむに価しない。いわば、石橋を叩いて渡るがごとき慎重さが、株式投資には何よりも必要となる。『二度に買うべし、二度に売るべし』は、その慎重さを説いた教訓である」

と、説いている。

  • 三越伊勢丹HD株を「二度」買う!(写真は、東京・新宿の伊勢丹本店)
    三越伊勢丹HD株を「二度」買う!(写真は、東京・新宿の伊勢丹本店)
  • 三越伊勢丹HD株を「二度」買う!(写真は、東京・新宿の伊勢丹本店)

コロナ禍の感染第3波で、どうなる東京五輪?

   2019年5月9日、三越伊勢丹ホールディングス(HD)株を、1株当たり990円で100株取得した。この時、百貨店業界はバブル崩壊後の、デフレと少子高齢化による個人消費の縮小で業績は長期低迷を余儀なくされ、株価も「低空飛行」の状況にあった。このような中で、東京五輪・パラリンピックのインバウンド需要は大いに期待されていた。

   ところが......。周知のとおり、昨年末に中国で発生した新型コロナウイルスのパンデミックによって、世界各国は感染の拡大防止と経済活動の活性化という、相反する問題に難しい対応を迫られることとなった。

   日本も例外ではない。コロナ禍の感染拡大を防止するため、今春には経済活動の停止に踏み切った。その結果、日本社会もこれまでとは様変わりした。

参考リンク:「百貨店復権!? 観光政策の強化で三越伊勢丹HDが『買える』(石井治彦)」(J-CASTニュース会社ウォッチ 2019年3月6日付)

   新型コロナウイルスの中国での発生から10か月過ぎてなお、感染第3波が押し寄せて、経済活動もままならない。その一方で、世界各国で新型コロナウイルスに対する研究・開発も進み、ワクチン開発ににも光明が差してきた。

   世界中で、ワクチンや新薬の開発が急テンポで進んでいるが、なんとか来夏の東京五輪・パラリンピックに間に合ってくれればいいのだが......。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中