2020年 11月 26日 (木)

鬼滅の刃の世界観が独特なのは「色」にある!(入澤有希子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   映画の盛り上がりが、とどまるところを知らない「鬼滅の刃」。2020年12月には最終巻も発売されるため、ますます盛り上がっていくことでしょう。

   コロナ疲れを吹き飛ばしてくれるニュースがうれしい限りです。今回は、鬼滅の刃の世界観が独特なのは「色」にある理由をお伝えしたいと思います。

  • 大ヒットの劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」(画像は、公式ホームページより)
    大ヒットの劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」(画像は、公式ホームページより)
  • 大ヒットの劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」(画像は、公式ホームページより)

主人公の炭次郎は「緑」妹の禰豆子は「ピンク」

   「鬼滅の刃」は、週刊少年ジャンプで連載された吾峠呼世晴さんによる漫画。舞台は大正時代。主人公の竈門炭次郎 (かまどたんじろう)が、鬼と化した妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻す方法を探すために、鬼と闘う物語です。鬼滅の刃の世界では、鬼と人間の対立が描かれますが、鬼もかつては人間だったという悲しい過去のストーリーも人気を博しています。

   コミックスは現在22巻まで発売中。アニメは2019年に放送され、その続編として映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が2020年10月に公開されました。

   鬼滅の刃でおもしろいのが、色の使い方が独特なことです。従来の漫画と同じような色の使い方をしている部分もあれば、「鬼滅の刃ならでは」という使い方もあります。

   まず独特なのが、主人公の色です。漫画などによく登場する主人公といえば、「赤」が鉄板。ルパン3世、アンパンマン、「ワンピース」のルフィーなど。みんなのヒーローとして活躍する主人公は、赤を身につけています。

   ところが、鬼滅の刃の主人公、炭治郎は、「緑」。髪こそ少し赤みがかっているものの、主人公に緑を着せるのは、とても珍く、新鮮に映ります。炭治郎の性格は、謙虚で礼儀正しくて、鬼に対してさえも優しい。従来のみんなを引っ張っていくリーダー的存在ではなく、ささやかな幸せを守るために戦い、強いリーダーシップを発揮するわけでもない主人公です。

   そして、主人公と行動を共にする、鬼になってしまった妹の禰豆子は、「ピンク」。ピンクといえば、ドラえもんでは、しずかちゃんのように女の子らしいキャラクターをイメージしますが、そうではないのです。兄や人間を守るために闘います。とても強いんです。

   ただ、鬼なので人を襲ってしまわないように竹をくわえています。ピンクの使い方もその姿も独特です。

入澤有希子(いりさわ・あきこ)
入澤有希子(いりさわ・あきこ)
パーソナルスタイリスト
美容専門学校・高等学校色彩学講師
ミスユニバースビューティーキャンプ講師、テレビの変身企画スタイリストなどを経験。フリーランスでパーソナルスタイリストをしつつ、最近はベンチャー企業でセカンドOLデビューを果たした。働くママの大変さを実感し、働くママ100人へのインタビュー活動「we MAMA」を立ち上げる。さまざまな働き方があることを伝える活動も実施中。法政大卒。37歳。
ブログ https://ameblo.jp/akiwasa/
ホームページ https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
we MAMA https://note.com/we_mama
著書に「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」(Kindle版)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中