2020年 12月 1日 (火)

やっぱり劇薬?「GoToイート」 打ち切りで飲食業が悲鳴!【馬医金満のマネー通信】

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   コロナ禍で、飲食店の経営が厳しい状況に陥っています。東京商工リサーチは2020年11月11日に、2020年1~10月の「飲食業の倒産動向調査」の結果を発表しました。それによると、飲食業の倒産(負債1000万円以上)が、今年1~10月累計で730件(前年同期比9.2%増)に達しました。このペースで推移すると、これまで通年(1~12月)で最多だった2011年の800件を上回り、年間で最多件数を更新する見込みだそうです。

  • 「Go To イート キャンペーン」終了で大ピンチ!?
    「Go To イート キャンペーン」終了で大ピンチ!?
  • 「Go To イート キャンペーン」終了で大ピンチ!?

ラーメン店 開業しやすく、競争激しく......

   今年1~10月の期間中、飲食業が特につらかったのが「Go To イート キャンペーン」の支援がなかった6月でした。資金繰りが厳しくなり、6月の倒産件数は98件、7月は93件と、月間100件に迫る勢いで増加しているというデータもあります。

   また業種別でみると、最多が日本料理店や中華料理店、ラーメン店、焼き肉店などの「専門料理店」で177件。前年同期と比べて6.6%増えました。次いで、「食堂、レストラン」の169件(同11.9%減)、「酒場,ビヤホール(居酒屋)」の150件(同31.5%増)となっています。

   なかでも、ラーメン店などは開業しやすい一方で、店舗数も飽和状態といっていいくらい、競争が激しくなっているため、景気が悪くなったときの倒産数もかなり膨らむことが予想できます。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中