2020年 12月 1日 (火)

消えゆく社民党 支持層だった労働者に見限られた致命的な出来事(城繁幸)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   社民党が2020年11月14日に臨時党大会を開き、所属する4人の国会議員のうち3人が立憲民主党に合流することが確定した。事実上の分裂である。国会議員は福島瑞穂党首のみとなるものの、直近の参院選で2%以上の得票率であるため、政党要件はギリギリ維持している。とはいえ消滅は時間の問題だろう。

   55年体制の一角を担った同党が消滅するに至った事情とはなんだろう。また、それを回避するためには何をすべきだったのか。それをまとめておくのは、若い世代にとっても意義あることに違いない。

  • 働く人の味方ではなかった……
    働く人の味方ではなかった……
  • 働く人の味方ではなかった……

前代未聞の労働者政党によるリストラ

   社民党(社会党)が凋落するきかっけとなった出来事に、北朝鮮による日本人拉致被害を長年にわたって否定し続けたことを挙げる人は少なくないだろう。筆者もその点は同感だ。特に、北朝鮮自身が事実を認めた直後の「朝まで生テレビ」を当時の社会党幹部が全員出演辞退した時は、その厚顔無恥ぶりに驚いた記憶がある。

   ただ、個人的に挙げておきたいのは、やはり2005年の党職員のリストラである。衆院選で大敗した結果、当時の職員の3割ほどをリストラ(配置転換ではなくクビ切り)したものだ。

   それまでさんざん民間企業のリストラや雇止めを批判しておきながら、あっさり生首を切る姿勢は、企業サイドはもちろんのこと、他の労働組合関係者からも強い批判を受けることとなった。

   はっきり言えば、労働者政党としての社民党はこの瞬間に死んだと言っていいだろう。しばらく後に、テレビ朝日の番組で派遣切りについて議論した際のことだ。同党所属の辻本清美議員があんまり空理空論ばかり言うものだから筆者が「でも社民党は職員をいっぱいリストラしてるじゃないですか。なんで企業だけ批判するんですか」と生放送で言ってあげたら、金魚みたいに口をパクパクさせていた記憶がある。

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中