2021年 5月 13日 (木)

農漁業とともに、和食とともに リーディングカンパニー、白鶴酒造の矜持

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   日本有数の酒どころ、灘(兵庫県神戸市)の老舗清酒メーカーで、リーディングカンパニーの白鶴酒造が2020年11月16日、「笑顔でつなごう!みんなの『まる』キャンペーン」で集まった寄付金を、漁業団体のJF全国漁青連に贈呈した。

   このキャンペーンは日本の漁業を支援する目的で、食文化のさらなる発展を目指した。その根幹には、同社の経営理念である「食文化・生活文化の発展」への寄与がある。

   白鶴酒造の取締役執行役員でマーケティング本部長の西村顕さんに聞いた。

  • 漁業は日本の食文化を支えている
    漁業は日本の食文化を支えている
  • 漁業は日本の食文化を支えている

SDGsの「海の豊かさを守ろう」に合致するキャンペーン

   白鶴酒造の「笑顔でつなごう!みんなの『まる』キャンペーン」は、日本の食卓を支え、貴重な食資源である漁業を応援する目的で、アンバサダーにプロ野球・読売ジャイアンツの丸佳浩選手を迎えて、今年3月にスタートした。

   丸選手がホームランを打った時にベンチ前で披露する「○(まる)ポーズ」と、同社で人気の「白鶴 まる」のテレビCMで見られる「○(まる)ポーズ」が取り持つ縁で、オファーした。

   アンバサダーの起用に当たって、西村顕マーケティング本部長は、

「丸選手が千葉県勝浦市の出身で、幼いころから漁港の近く、漁業が盛んな街で育った背景もあって、同じ思いをもって社会貢献としての取り組みを進めていくことができないかと考えました」

と明かす。

   キャンペーン(期間は3月25日から6月30日まで)は、消費者に、まるポーズの写真投稿(1投稿で100円)とキャンペーンツイートのリツイート(8円)、スタンプのダウンロード(8円)の3つの方法でSNSへの投稿を呼びかけ、それに基づき同社が寄付金を贈る仕掛け。コロナ禍の影響で思うような取り組みができなかったものの、11月16日にJF全国漁青連に寄付金100万円を贈呈。魚食の普及活動や水産資源の保護活動などに役立ててもらう。

   清酒の製造、販売に携わる会社として、日本の豊かな食資源の維持、発展は不可欠。国際的な取り組みであるSDGs(持続可能な開発目標)の、14番目の目標「海の豊かさを守ろう」の実践にも合致する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中