2021年 10月 22日 (金)

自慢話が多くて、めんどうな人と付き合うにはコツがある【尾藤克之のオススメ】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「すぐ怒る人」「会話に割り込んでくる人」「自慢話が多い人」など、世の中には数多の「めんどくさい人」が存在します。

   あなたのまわりにも多くいると思います。しかし残念ながら、同じ会社、家が近所などの理由で、つきあいたくなくとも、そのような人たちとつきあっていかなくてはならないケースはたくさんあります。さて、困りました......。

「めんどくさい人の取扱説明書 人間関係がラクになる58のコツ」(内藤誼人著)きずな出版
  • めんどくさい人とのお付き合い、どうすればいい?
    めんどくさい人とのお付き合い、どうすればいい?
  • めんどくさい人とのお付き合い、どうすればいい?

自慢話が多い人はこんな人

「同じ話を何回もする」
「マウントをとってくる」
「僕が東大の学生の頃はね~」
「僕が三菱商事で最年少で管理職になったときには~」

   言葉のはしばしに、ちょこちょこと自慢話をはさんでくる人がいます。このような人は、自慢話を見せつけて、「自分はえらいんだぞ、すごいだろ」ということを誇示したいだけなのです。アナタの周りにもいませんか?

   米国フロリダ州立大学のウェイン・ホックワーター教授は、上司がどれだけ「大きな自慢をするか」を調べれば、部下のフラストレーションや、作業能率の低下も予測できるとしています。

   上司が自慢するタイプほど、部下はフラストレーションを感じ、やる気を失うということでしょう。

   自慢されるのは、たしかに気分がいいものではありません。しかし、自慢している本人は悦に浸っているわけですから、私が同じ立場ならここぞとばかりにヨイショしていると思います。

   上司の自慢話に目を輝かせて尊敬の眼差しを向けることができれば、その人は間違いなく出世街道に乗ると思います。聞くポーズをしながら喜ばせておけばいいのです。

「部長は営業の神様と言われていたと常務から聞きました。今度、新規開拓の極意を教えていただけないでしょうか」
「部長は入社以来、営業成績がトップだったという話を専務から聞きました。営業のコツをご指導ください」
「やっぱり東大卒の部長の考え方は理論的でカッコいいです」
「部長のTOEIC900点はハンパないッすね。先方の社長が目を丸くしていましたよ」

   めんどくさいふりなどをせず、積極的にご指導を仰ぐ姿勢を見せれば、こちらのものです。上司と紐付きになれば、自分のこともついでに引き上げてくれるかもしれません。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中