2021年 5月 14日 (金)

非正規の40代女性が公務員試験に合格!「務まるか...」そんな迷いに「大丈夫。頑張って!」と多くの女性がエール(2)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   これまで夫の転勤に同伴し、ずうっと非正規で働いてきた女性が40代後半になって公務員試験に合格した。

   「やりがいもありそう」「ボーナスももらえる」という喜びにひたりながら、「この年で務まるのか」「勤務時間もきつくなり体力が続くのか」と不安になり、引き受けるべきか悩んでいる。

   そんな女性の投稿に、「大丈夫!まずは公務員、始めてみては?」と多くの女性がエールを送っている。専門家に聞いた。

  • やりがいを持って働く(写真はイメージ)
    やりがいを持って働く(写真はイメージ)
  • やりがいを持って働く(写真はイメージ)

「女性が希望する働き方は、家庭環境の影響を受ける」

   J-CASTニュース会社ウォッチ編集部では、女性の働き方に詳しい、主婦に特化した就労支援サービスを展開するビースタイルグループの調査機関「しゅふJOB総研」の川上敬太郎所長に、今回の「40代後半から公務員になっても大丈夫?」という投稿の話題について、意見を求めた。

――この投稿、40代後半になって非正規の仕事から公務員試験に合格という、本当なら喜ばしい内容です。しかし、投稿者は自分に務まるだろうか、勤務時間が長くなりはしないだろうか、と思い悩んでいます。一方、多くの回答者は「まずは働いてみなさい」とエールを寄せています。これを読んでどのような感想を持ちましたか。

川上敬太郎さん「まず率直に思ったことは、投稿者さんは責任感が強い方ではないかということです。言い方に語弊があるかもしれませんが、いい加減な人であれば、悩んだりせずとりあえずやってみようと安易に考えるかもしれません。悩まれているということは、安請け合いして責任をまっとうできなかったらどうしようか、という葛藤があるからだと思います」
「一方で、自ら公務員試験に申し込んだのに、合格したら逡巡してしまうというのは矛盾しているように見えるかもしれません。しかし、そもそも何が本当の気持ちなのか、というのは単純に表すことができないものだと思います。身近な例だと、お菓子を食べたいという気持ちと太るからやめとこうという気持ちは、どちらも本心です。正職の公務員として働きたいという気持ちと、大丈夫だろうかという気持ちが混在してしまうのも、人として自然なことではないかと思います」

――なるほど。責任感が強いから悩んでいるわけですか。そういう人にこそ公務員になってもらいたいですが、女性が新しい分野にチャレンジする際の悩みや喜び、問題点などについてこれまで調査したことはありますか。

川上さん「新しい分野にチャレンジする際の悩みとは異なるのですが、仕事と家庭の両立を希望する"働く主婦"層に、本当に望む働き方とは何かについて掘り下げて質問してみたことがあります。働く主婦が本当に望む働き方とは?です。
この調査で、『いまのあなたにとって最も望ましいと思う働き方を教えてください』と質問したところ、『フルタイム正社員』を希望する人は13%に過ぎませんでした。しかし、同じ人たちに『もし家庭の制約などがなく、100%仕事のために時間を使うことができる場合は?』と質問し直したところ、『フルタイム正社員』を希望する人が6割を超えたのです。得てして希望する働き方とは、家庭環境など様々な周辺条件から、無意識のうちに影響を受けてしまうものなのだと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中