2021年 5月 13日 (木)

コロナ禍、消費者が手を伸ばすパッケージデザインをどう作るか?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本で投じられる広告費の対象は、2019年にそれまで1位だったテレビを抜いてインターネットがトップになった。巨額を使ってテレビ広告を制作、放映するマスマーケティングは時代にそぐわなくなっている。

   インターネットの時代では、パーソナルなコミュニケーションが有効となり、一つの製品をアピールするためには、パッケージデザインの重要性が高まっている。

   本書はそうした時代をとらえて、企業がパッケージデザインのレベルをどう向上させ、マーケティング活動に貢献するかという視点でまとめた一冊。商品企画担当者、ブランドマネジャー、デザイナー、経営者を読者として想定し、実際のパッケージや広告を例にとった解説は、パッケージ考現学の入門書として読んでも楽しめる。

「売れるパッケージデザイン 150の鉄則」(小川亮著)日経BP
  • 手にとってもらうためパッケージデザインの重要性が高まっている
    手にとってもらうためパッケージデザインの重要性が高まっている
  • 手にとってもらうためパッケージデザインの重要性が高まっている

デジタルシフトやイノベーションを生むデザイン

   著者の小川亮さんは、株式会社プラグ社長。同社は6年前にリサーチ会社とデザイン会社が合併してできた会社で、2つのサービスを組み合わせて顧客企業の商品やブランドを向上させることなどを事業としている。

   小川さんは大学卒業後キッコーマンに入社。その後、慶應ビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得。経営管理学博士でもある。2010年に「図解でわかるパッケージデザインマーケティング」(日本能率協会マネジメントセンター)を出版し、同書は5版を重ねるヒットとなった。

   本書は、同書をベースに内容を進化させた。デジタル化でテクノロジーも進化し、10年間で人々の生活は大きく変化した。デジタルシフトやイノベーションを生み出す役割としてのデザインについて、新たにカバーした。

   本書は「実践編」、「戦略編」、「知識編」の3部構成。それぞれ4~5章建てで、計150のテーマが掲げられている。各テーマは見開き2ページの読み切りで解説され読みやすい。時間などの関係で落ち着いて通読することが難しいという場合には、テーマを選んで使うこともできる。パッケージについての「初心者」は実践編と知識編を中心に読むことがオススメという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中