2021年 5月 8日 (土)

楽曲の著作権管理事業のNexTone 競合する「巨人」JASRACからシェアを奪えるか!?(一橋大学)【企業分析バトル 第7戦】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   今回選んだ銘柄は、東証マザーズ上場の「NexTone」(7094)だ。

   NexToneは、音楽コンテンツの著作権管理を展開している。業界の「巨人」JASRAC(一般社団法人 日本音楽著作権協会)に対抗するため、音楽著作権管理業界の当時の第2位と第3位の企業が2016年に合併して発足した企業だ。2020年3月の上場で、知名度はまだ低いが、業績の成長率が注目に値すると考えた。

  • 著作権管理のNexToneに注目、その強みは……
    著作権管理のNexToneに注目、その強みは……
  • 著作権管理のNexToneに注目、その強みは……

2021年3月期は29%の増収、25%の営業増益を予想

   ここからはNexToneの事業内容、業績推移、競合であるJASRACとの比較、NexToneの財務安全性について、順に考察していきたい。

   まずは、NexToneの事業内容について確認したい。NexToneは主に著作権等管理事業とDD(デジタルコンテンツディストリビューション)事業、キャスティング事業の3つを行っている。その中でも著作権等管理事業は売上高全体の9割弱を占めるメインの事業だ。

   これは、音楽コンテンツの著作権者から委託を受けた著作物を管理し、利用者に対する著作物使用料の徴収や、著作権者への使用料の分配をする中で受けとる手数料が収益源になる事業である。

   また、DD事業とは、Apple MusicやYouTubeなどの国内外の音楽配信プラットフォームに向けた音楽・映像コンテンツの供給を行う事業である。そして、キャスティング事業では、アーティストの稼働やライブへのユーザー招待などによる、コンテンツ利用促進のためのコーディネートや、NexToneの管理楽曲を使用するライブビューイングのサポートなどを行っている。

   次にNexToneの業績の推移を見る。NexToneのメインの事業である著作権等管理事業では、管理楽曲数と楽曲当たりの徴収額が重要な指標となる。管理楽曲数は右肩上がりに伸びており、2021年3月期第2四半期の時点で前年比2ケタを超えて拡大している。

   また、楽曲当たりの徴収額も上昇中で、2021年3月期第2四半期時点では16年3月期の2倍以上となっている。

   このように著作権等管理事業が好調なため、全体の売上高は16年の発足以降、年率40%弱の成長を続けていて、今期の経常利益は2ケタ台に乗せる勢いとなっている。

   2021年3月期決算の見通しについては、コロナ禍の影響は期を通じて継続する想定ではあるが、巣ごもり需要をけん引役に増収増益になるとしている。業績面では、管理楽曲数の前年比28%増を前提に、29%の増収、25%の営業増益を想定する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中