2021年 1月 20日 (水)

「勝手なことしやがって」二階派幹部が激怒! 菅首相が「GoToトラベル」停止に踏み切ったわけ(2)

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!
「勝手なことしやがって!」

   観光族のドン、二階俊博派の議員が激怒した。また、所管の国土交通省幹部もテレビにニュース速報が流れる10分前まで「寝耳に水」だった。

   菅義偉首相は2020年12月14日、突然、年末年始の「GoToトラベル」キャンペーンの全国一斉停止を発表したが、それほど電撃的な決断だったようだ。

   「GoToトラベル」に執着していた菅義偉首相はなぜ急に変心したのか。主要メディアの報道から探ると――。

  • 医療専門家が激怒した「ガースー」とチャラけた菅義偉首相(12月11日のTBSテレビ速報)
    医療専門家が激怒した「ガースー」とチャラけた菅義偉首相(12月11日のTBSテレビ速報)
  • 医療専門家が激怒した「ガースー」とチャラけた菅義偉首相(12月11日のTBSテレビ速報)

都医師会長「総理のガースーはふざけすぎだ」

   今回の年末年始のGoToトラベル一時停止、医療の専門家たちはどうみているのか――。

   二木芳人・昭和大学客員教授はこう疑問を呈した(朝日新聞12月15日付「GoTo批判高まり転換 専門家『医療逼迫遅すぎる』」)。

「医療は逼迫した状態になっており、遅きに過ぎた。もう1か月前に立ち止まる必要があった。全国で一斉に停止することは評価するが(12月28日まで待たずに)、すぐに止められないのか」

   堀賢・順天堂大学教授も、同紙でこう指摘した。

「(GoToイートは継続中だが)都市部での感染拡大は主に会食が原因で、『イート』にも制限を加えるべきだ」

   島田真路・山梨大学医学部付属病院院長は、「スピード感がなさ過ぎる」と、こう批判する(東京新聞12月15日付「遅すぎたGoTo停止 政府に緊迫感なさ過ぎ」)。

「(旭川市に自衛隊の看護師が派遣されているが)今の感染状況は本来なら起きてはいけないレベルまで悪化している。GoToトラベルは国民に『まだ大丈夫』という誤ったメッセージを送ることになり、感染拡大が収まらない一因になっていた。菅首相は対策を練り直すべきだ」

   また、菅首相が12月11日、インターネット番組で、「こんにちは、ガースーです」とチャラけた薄笑いで挨拶したことも医療関係者の激怒を買っている。

   東京都医師会の尾崎治夫会長はこう憤った(東京新聞12月15日付「『ガースーです』ふざけすぎでは」)。

「違和感がある。医療関係者も患者も苦しんでいる。一国の総理が笑顔で冗談を言って、一方で分科会の先生が必死で窮状を訴えている。リーダーとして納得できない」

   首都圏の複数の病院で診療にあたっている勤務医の木村知さんも、同紙でこう批判した。

「親しみやすさを演出したのかもしれないが、生活に困る人もいる中、ニヤニヤされても逆効果。人気取りが失敗した。感染がどんどん広がっているのに危機感を感じられない」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中