2021年 1月 21日 (木)

東京都822人の衝撃!「勝負の3週間」にチャラけまくった菅首相に自民党からも総スカン

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   日本中に衝撃が走った。東京都の新型コロナウイルスの新規感染者が一気に800人を超えて2020年12月17日、過去最多の822人に達した。全国でも3212人と過去最多になった。これまでの東京都の最多は678人だから、700人台を飛び越し、いきなり800人台に。1000人台が目前に迫った。

   菅義偉首相が豪語した「勝負の3週間」の最終日にこの体たらく。菅政権のコロナ対策は完敗だった。改めて「危機感ゼロ」だった菅首相に批判の矛先が向いている。

  • 「ウイルスはカレンダーを持っていない」と呼びかけた小池百合子都知事(12月17日、日本テレビのニュース速報)
    「ウイルスはカレンダーを持っていない」と呼びかけた小池百合子都知事(12月17日、日本テレビのニュース速報)
  • 「ウイルスはカレンダーを持っていない」と呼びかけた小池百合子都知事(12月17日、日本テレビのニュース速報)

医療崩壊の東京都、最悪の「警戒レベル4」に

   東京都によると、新たな感染者822人を年代別にみると、20代が201人で最多。30代が169人、40代が123人、50代が113人。65歳以上の高齢者は112人で、過去最多となった。「人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO〈エクモ〉)を使用」とする東京都基準の重症者数は66人で、前日よりも3人減った。

   しかし、東京都は12月17日、都内の医療提供体制の警戒レベルを、4段階のうち最も深刻な「体制が逼迫している」(レベル4)に引き上げた。感染状況の警戒レベルも4段階のうち最も深刻な「感染が拡大している」を維持している。

   12月17日夜、記者会見に応じた東京都の小池百合子知事はこう語った。

「ウイルスはカレンダーを持っておりません。クリスマスであれ、年末であれ、正月であれ、容赦なく襲ってきます。年末年始特別警報を発します。これまで以上に徹底した感染防止を心がけ、みなさんの命を守りましょう」

   と呼びかけたのだった。

   それにしても「勝負の3週間」のあいだ、菅首相のノー天気ぶりに批判が集まっている。その中でも特に怒りの対象になっているのが、「5人以上の会食を避けて」と自ら要請した張本人である菅義偉首相が、8人が出席する「忘年会」を開いたことだ。

   12月14日夜、菅義偉首相は銀座の高級ステーキ店「ひらまさ」で開かれた忘年会に出席した。出席者は、主催者の二階俊博自民党幹事長ほか、林幹雄幹事長代理、元宿仁自民党事務総長、王貞治氏、杉良太郎氏、みのもんた氏、政治評論家の森田実氏の計8人だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中