2021年 5月 16日 (日)

宝酒造「澪」10周年 アンバサダーに浅田真央さん迎え「私にぴったりの日本酒」アピール

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   酒類メーカー大手の宝酒造(京都市)は、発泡性の味わいで日本酒の新市場を開拓してきたスパークリング清酒の「松竹梅白壁蔵『澪』」が2021年に、発売10周年のアニバーサリーイヤーを迎えるにあたり、ブランド力の強化を図る。

   新たにフィギュアスケート元世界女王でプロフィギュアスケーターの浅田真央さんをアンバサダーに起用するなど、「澪」ブランドをさまざまな企画で盛り上げる。2020年12月15日には、東京都内で「10周年ブランド戦略発表会」を開催。会場には浅田さんが駆け付け、華やかさを添えた。

  • 新アンバサダーの浅田真央さん。発表会で就任のお披露目を行った
    新アンバサダーの浅田真央さん。発表会で就任のお披露目を行った
  • 新アンバサダーの浅田真央さん。発表会で就任のお披露目を行った

累計7000万本を突破! 開発秘話明かす

   発表会では、宝酒造の商品第三部の清水隆広部長が「澪」について、「2011年に発売し、2021年6月で10周年を迎える。日本酒になじみの薄い若年層を含め、幅広い方々に上質の飲用シーンを提供するお酒として愛され、現在まで7000万本以上を販売している」と説明。累計販売数が7000万本を突破したのは、10周年をちょうど1年後に控えた2020年6月で、消費者に定着していることが示された。

   日本酒は成人人口の減少のほか酒類の多様化もあって市場の縮小が続いている。そのことに歯止めをかけるための「日本酒市場の活性化」は「宝酒造の使命でもある」と清水部長。その取り組みの一つとして「澪」は開発された。

「澪」のアウトラインを説明する商品第三部の清水隆広部長
「澪」のアウトラインを説明する商品第三部の清水隆広部長

   宝酒造の商品第二部専門課長で「澪」ブランド担当を務める田和綾子さんは

「日本酒を飲まない若年層に耳を傾け、低アルコール、甘口を好む傾向を把握。そしてアルコール度数5%と従来の日本酒の3分の1に抑え、ほのかな甘みとほどよい酸味と若者にも飲みやすい清酒を誕生させた」

と話し、米と米麹だけを原材料に伝統的日本酒の味わいをキープしながら、フルーティーさを感じられるように製法を工夫。そこにスパークリングの刺激が加わりコンテンポラリーなテイストが醸し出されたという。

   開発にかけた期間は約6年間。販売でも「熟成」を期して、発売当初は「料飲店」「百貨店」「通販」など販売ルートを限定するなどマーケティングにも工夫を加えた。発売2年後に、満を持してコンビニエンスストアなどを合わせた全ルートに販路を拡大。すると「予想以上の反響」(田和課長)があり、瞬く間にヒット商品になったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中