2021年 10月 26日 (火)

コロナ禍、採用計画の変更、リモート面接...... 就職内定者の約8割が不安を抱えている

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   コロナ禍で、働き方改革が叫ばれているなか、2021年に就職する人々の約8割が「不安な気持ち」を抱えていることがわかった。

   人材育成サービスを提供するラーニングエージェンシー(東京都千代田区)が「内定者意識調査」を実施。調査によると、77.2%の内定者が「不安、心配な気持ち」という。

  • 不安な気持ちを払しょくして入社を迎えて……
    不安な気持ちを払しょくして入社を迎えて……
  • 不安な気持ちを払しょくして入社を迎えて……

「うれしさ、楽しみな気持ち」「期待感」は5割にとどまる

   調査では、コロナ禍で内定期間を過ごしている2020年の内定者(21年卒の学生)が、「どのような気持ち」で、「どのようなサポートを会社に求めているか」を報告している。

   それによると、入社前の心情について、「どのような気持ちが強いか」を聞いた(最大3つまで複数回答)ところ、77.2%の内定者が「不安、心配な気持ち」と答え、最多となった=下図参照

   2位は54.3%で「うれしさ、楽しみな気持ち」。3位は53.1%で「期待感」が選ばれたが、どちらも5割にとどまり、不安な気持ちが群を抜いて多いことがわかった。

   また、入社に向けて不安を感じていることを聞く(複数回答)と、「自分の能力で仕事についていけるか」が69.2%、「しっかりと成果を出せるか」が60.3%と多く、自分の能力に不安を感じている内定者が6割を超えた=下図参照

   さらに、「職場のメンバーとうまくやっていけるか」が49.4%と、人間関係に不安があることもわかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中